MENU

フリーランスエンジニアに実務経験は必要?必要な年数や経験を積む方法とは?

「実務経験のないフリーランスエンジニアってどうなの?」「案件獲得って難しい?」と疑問を抱えている方もいらっしゃるでしょう。確かに、実務経験が少ないとフリーランスエンジニアになるのが厳しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

本記事では、実務経験の少ないエンジニアがフリーランスになることについて、なぜ難しいかの理由や、フリーランスエンジニアとして実務経験を積む方法、フリーランスエンジニアになるためにすべきことなどを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

フリーランスエンジニアにとって実務経験は重要?

フリーランスエンジニアにとって実務経験は重要です。なぜなら、実務経験によってエンジニアのスキルが対外的に認められる、実務経験があった方が案件の獲得が簡単になるためです。

株式会社ヒューマン・コネクトによる「フリーランスエンジニアと企業」の実態調査によれば「フリーランスになった年齢を教えて下さい」という質問に対して、30歳~39歳は35.7%、40歳~49歳は26.2%、20歳~29歳は23.9%、50歳~59歳は9.8%という回答結果になっています。

年齢から考察すると、多くの方が実務経験を積んでからフリーランスになったと考えることができ、会社に依存することなく更なるスキルアップのためにフリーランスになる方が多いと予想されます。

フリーランスエンジニアと企業の実態調査
引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000052810.html

また、株式会社コミットグロースが実施した「フリーランスエンジニアが抱える不安」調査によれば、「どのようなことをすれば案件が入りやすくなると思いますか?という質問に対し、「小規模の案件でフリーランスとしての実績を積む」が36.9%、「自分の希望している案件を担当者にはっきり伝える」34.0%など、実務経験を積むことが前提とされている回答が多く寄せられています。

つまり、フリーランスエンジニアとして実務経験が重要であるとともに、多くのフリーランスエンジニアの方が実務経験に対して重要度を理解していると考えられます。

フリーランスエンジニアが抱える不安
引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000052926.html

実務経験のないフリーランスエンジニアは案件獲得が難しい

実務経験のないフリーランスエンジニアの案件獲得が難しいと言われる理由には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、主な理由を5つ紹介します。

信用が薄いと感じられるため

1つ目の理由は信用が薄いと感じられやすいためです。実務経験がない場合、「最後まで仕事を完了できるのか?」「途中で投げ出したりしないか」などクライアント側からすると、不安を感じてしまいます。

しかし、ある程度の実務経験を示せれば、これまでに受けてきた仕事をある程度こなせていることがわかるため、クライアントは安心して任せられるでしょう。

技術が身についていないことがあるため

2つ目の理由は、技術力が身についていないことがあるためです。

未経験からフリーランスになる場合、技術レベルがどの程度あるのか、クライアントからは判断できません。また、仮に技術レベルがあったとしても、発注するのが不安と感じられることもあります。そのため、どれだけ能力のあるエンジニアだとしても案件受注が難しいのです。

雇用主がスキルを判断できないため

フリーランスエンジニアはこなした案件の実績によって、スキルを判断されます。

例えば、会社員時代にWebサイトの制作をしたなら、Webサイト制作ができる人と判断され、チームで仕事をした経験がある人なら、チームで仕事ができる人と判断されるでしょう。しかし、実務経験がない状態でフリーランスエンジニアになった人は、そのような判断材料が全くありません。そのため「本当に任せてもいい人なのか?」とクライアントが不安を感じてしまうため、案件取得の難易度が高いのです。

低単価の案件しか獲得できないため

実務経験が少ないフリーランスエンジニアは、獲得できる仕事の選択肢が少なく、高単価の案件を獲得することが難しいでしょう。収入を増やすには低単価かつ多くの仕事を受注する必要があります。

しかし、フリーランスエンジニアとして能力を上げていくためには、常に新たな技術を学び続ける必要があります。実務経験が少ないフリーランスエンジニアは大量の仕事を受注しながら、学習時間を増やすことは難しいので、スキルアップできないが、時間が業務に奪われる悪循環になりがちです。

作業の流れを理解していないため

実務経験がない場合、実際の仕事の流れを理解できません。

そのため、どのような工程で作業が進んでいくのか予想がつかず、「どういう風に仕事をすればチームメンバーが楽になるのか」が理解できないことがあります。全体像を理解できないと、フリーランスエンジニアとして収入を増やしていくことは難しく、案件受注も滞ってしまう可能性があります。

フリーランスエンジニアに必要な実務経験は何年?

実際のところ、フリーランスエンジニアとして必要な実務経験は何年程度なのでしょうか。

3年以上の実務経験がおすすめ

フリーランスエンジニアになるなら、会社員として3年以上の実務経験を積むことがおすすめです。

なぜなら、実務経験3年以上と以下とでは、受けられる案件数にかなりの差が生まれるからです。実際に多くのエージェントが運営している案件募集内容を確認すれば、「実務経験3年以上」と条件が設けられている案件は多いです。

3年以上実務経験があれば、そのフィルタリングが外れるため、フリーランスエンジニアとして案件が獲得しやすくなります。

実務経験3年未満で案件を獲得できる人もいる

実務経験3年未満で案件を受注できるケースもあります。

しかし、3年未満で受注できる案件は、単価が低くなりがちで、案件の受注数に見合わない収入となることが多いでしょう。そのため、基本的には実務経験3年を目安にフリーランスに転向することをおすすめします。

フリーランスエンジニアとして実務経験を積む方法

フリーランスエンジニアとして実務経験を積むためには、どのような方法があるでしょうか。ここでは、実務経験を積む3つの方法を紹介します。

正社員エンジニアとして3年ほど働く

最もオーソドックスな方法が、正社員エンジニアとして3年働くことです。フリーランスエンジニアとして3年働くと、様々な経験を積むことができます。

具体的には、IT関連の企業に就職することで、フリーランスエンジニアとしての経験を積める場合があります。未経験で会社員エンジニアになることは難しいため、未経験の場合は事前学習や自分で制作したポートフォリオは必須となるでしょう。

アルバイトで実務経験を積む

2つ目の方法は、エンジニアのアルバイトで実務経験を積む方法です。エンジニアのアルバイトは正社員よりもハードルが低く、採用される可能性が高まります。

もちろん、会社員よりも簡単なエンジニア作業を任されることが多く、すぐさま高単価案件に繋がるスキルを学ぶことは難しいかもしれません。しかし、実務経験としては溜まっていくので、実際にフリーランスエンジニアになった際に受けられる案件数は増えていくでしょう。

副業しながら実務経験を積む

今働いている会社のまま副業でフリーランス案件を獲得する方法もあります。副業であれば、収入を安定させた状態でフリーランスエンジニアの案件を受注できるため、余裕を持って仕事ができます。

また、成果に対して報酬を得るという、会社員としては経験できない体験ができるため、フリーランスエンジニアになった時にも重宝するでしょう。副業だとしても、スキルアップに繋がるので、今いる職場に満足している方には、おすすめの方法となっています。

実務経験の少ないエンジニアがフリーランスになるためにすべきこと

エンジニアが、フリーランスとして独立するには何をすべきでしょうか。

ここでは、フリーランスエンジニアになるためにすべきことを3つ紹介します。

営業力を身につける

1つ目は営業力を身につけることです。フリーランスエンジニアが案件を獲得する上で技術力以上に必要なことですので、身につけていて損はありません。業界を理解して、自分のスキルであれば何ができそうか考えて営業活動を行いましょう。

エンジニア業務の流れを理解する

次に、エンジニア業務の流れを把握しておくことが重要です。

仕事の流れが分かれば、それぞれの工程に必要な時間を理解でき、スケジュールを組みやすくなります。例えば、クライアントへの要望確認からシステム構築、テスト、保守運用など全体的な流れとかかる時間を理解しておきましょう。

1つの技術のレベルをあげる

開発案件には、様々な言語があります。

複数の言語を身につけることも重要ですが、フリーランスエンジニアとして活動する場合は、特化した言語を身につける方がエンジニアとしての評価は高くなりやすいです。

深い知識を持っているエンジニアの方が即戦力として役立てるため、一つの言語や分野に集中してポートフォリオを築くと良いでしょう。

フリーランスエンジニアが案件を獲得するならアットエンジニアがおすすめ

フリーランスエンジニアが案件を獲得するなら、アットエンジニアを利用するのがおすすめです。ここでは、アットエンジニアを利用するメリットを3つ紹介します。

多数の高額案件を選べる

アットエンジニアは多数の高額案件の中から、自分のスキルにあった案件を受注できるサービスです。スキルと照らし合わせながら、高額案件に挑戦できる可能性があります。

即日払いに対応しておりキャッシュフローも安心

同社が提供している「ソクモ」を利用すれば、資金が必要な時にすぐ現金化できます。前払いは当該月単価の50%まで、即日払いは前月稼働分を受け取れるため、急に資金が必要になった場合も安心です。

アサインまでの圧倒的スピード感

アットエンジニアは1人の担当者がフリーランスエンジニアとクライアントをつないでいます。そのため、案件の獲得がスムーズで、営業にかかる時間を削減できるでしょう。

また、ボタンをクリック、必要な情報を記載するだけの2ステップで案件に応募できます。つまり、案件の営業にかける時間を短縮でき、自分の作業に集中できるのです。

まとめ

本記事では、実務経験の少ないフリーランスがフリーランスエンジニアになることについて、なぜ難しいかの理由や、フリーランスエンジニアとして実務経験を積む方法、フリーランスエンジニアになるためにすべきことなどを紹介しました。

フリーランスエンジニアになるためには実務経験が3年程度必要になります。しかし、実務経験を積むことで、より良い条件の案件に応募できる可能性が上がります。本記事の内容も参考に、実務経験を積んでからフリーランスエンジニアになることをおすすめします。

また、フリーランスエンジニアが案件受注数に悩まされているのなら、アットエンジニアを利用してみてください。無料登録から進められますので、ぜひ以下のリンクからご覧ください。

無料登録はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる