MENU

フリーランスエンジニアは地方でも働ける?地方で働くメリット・デメリットとは?

「地方でフリーランスエンジニアとして働きながらゆっくりと暮らしたい」「地方に住みたいと考えているけど、フリーランスエンジニアでも大丈夫なのかな?」と疑問を抱えている方もいらっしゃるでしょう。

確かに、地方で暮らした方が生活費を抑えられます。「都会よりも地方の方がいい」という方であれば、地方で現実的に生活できるのか疑問に感じることもあるはずです。

本記事では、フリーランスエンジニアが地方でも働けるのかについて紹介するとともに、地方で働くメリット・デメリット、地方で働く際に必要な準備について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

フリーランスエンジニアは地方でも働ける?

本記事の結論ですが、フリーランスエンジニアは地方でも働けます。そもそもフリーランスという働き方は、会社に所属せず自由に働けるため、実際のところはどこでも働けます。また、近年はリモートワークが普及したこともあり、地方で働けるフリーランスエンジニアは増えています。

レバテックが実施した「2020年リモート案件に関する調査」によれば、フルリモートで働いている方の割合が77%、一部リモートで働いている方の割合は7.9%に及びます。全体では8割5分の方がリモートワークで働いているため、フリーランスエンジニアは地方でも働ける可能性が高いでしょう。

2020年リモート案件に関する調査
引用:https://freelance.levtech.jp/guide/detail/1350/

フリーランスエンジニアが地方で働くメリット

フリーランスエンジニアが地方で働くメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、地方で働くメリットを4つ紹介します。

ストレスが少ない

1つ目のメリットはストレスが少ないことです。地方で働く場合、常駐案件だとしても、通勤のための満員電車に乗る必要はありません。また、人が少ないため、休日にどこかへ出かける場合でも、人混みや車の渋滞に悩まされることは少ないでしょう。

仕事に集中できる環境が作りやすい

2つ目のメリットは、仕事に集中できる環境が作りやすい点です。在宅ワークを中心として働くフリーランスエンジニアの場合、カフェや図書館など作業に集中できる場所を探すことがあるかもしれません。そういった場所も比較的簡単に見つけやすいため、地方で働くメリットはあるでしょう。

また、都会よりも安い家賃で部屋を借りられることもあり、都会ではワンルームしか借りられないような家賃で2LDKを借り、プライベート空間と作業部屋を分けることもできます。

かかる経費が少なくなる

都会でフリーランスエンジニアとして活動する場合、電車通勤やカフェ代、家賃など高くつくこともあるでしょう。しかし、地方でフリーランスエンジニアになる場合は、家賃を抑えられますし、通勤は車を持っていればかかる費用を浮かせられます。また、2LDKの部屋に住んでいれば、作業空間とプライベート空間を分けられるメリットもあるでしょう。

地域案件のライバルが少ない

都内と比較して、地方のエンジニア案件は圧倒的に少ないです。そのため、エンジニアとしてのライバルも少なくなり、収入をアップさせられる可能性が高まります。また、案件が終了しても継続的に案件を受注できる可能性も高く、長期的に収入を伸ばせるケースもあるでしょう。

フリーランスエンジニアが地方で働くデメリット

一方で、フリーランスエンジニアとして地方で働くデメリットもあります。ここでは、主な4つのデメリットを紹介します。

仕事の獲得が難しい

1つ目のデメリットは、仕事の獲得が難しい点です。前述したように、地方ではフリーランスエンジニア案件が少なく、そもそも案件が見つからないケースもあります。また、エンジニアの需要に気づいていないケースも多く、「会社の問題を解決するためにエンジニアが必要」と理解してくれないケースもあります。

社会的な信頼が低くなる可能性がある

地方の場合、フリーランスという働き方があまり浸透していません。そのため、働いていないと間違えられたり、どういった仕事をしているのか理解されない可能性もあります。また、自分の仕事内容を伝えたとしても「なんか怪しい」と思われるかもしれません。

クレジットカードやローンの審査が通りにくくなる懸念もあるため、独立前に手続きを済ませておきましょう。

イベントや勉強会に参加しづらい

フリーランスエンジニアが技術や知識を身につける方法として、イベントや勉強会への参加があります。しかし、地方でフリーランスエンジニア向けのイベントや勉強会が開催されることが少ないでしょう。

そのため、フリーランスエンジニア同士のつながりや、IT関連の人との人脈が減ってしまう可能性がある点はデメリットです。

仕事を断るのが難しい

地方でフリーランスエンジニアとして仕事をする場合、仕事を断りづらいと感じるケースが多いです。なぜなら、地方の案件は直接顔を合わせる機会が多く、信頼によって仕事が続くケースは多いからです。実際、都会ならWebミーティングで終わるような案件でも、わざわざ対面でミーティングして決定することもあります。

また、取引の多いクライアントから仕事を受ける場合、「断ると申し訳ない」と感じることも少なくありません。

地方で働くフリーランスエンジニアがデメリットを改善する方法

ここまで、フリーランスエンジニアが地方で働くデメリットについて紹介しましたが、地方で働くフリーランスエンジニアはどのような点に気を付ければ良いのでしょうか。ここでは、地方で働くフリーランスエンジニアがデメリットを改善する方法を紹介します。

人脈を増やす

1つ目の方法は、人脈を増やすことです。地方の案件獲得はコネクションから得られるケースが多く、人脈を増やして損はありません。

・地域のコミュニティへ参加する
・フリーランスエンジニアの交流会を企画する
・過去のクライアントとつながる

など、人脈を増やす工夫を施すだけで獲得できる案件は増えます。

直接営業をする

2つ目は、直接営業をすることです。都内のフリーランスエンジニア案件の場合、クラウドソーシングやエージェントを活用しても見つけやすいですが、地方ではそういったサービスに登録していない企業も多いです。

そのため、ホームページから直接営業をかけ、自ら仕事を作っていく姿勢で取り組むことをおすすめします。

地方エンジニアであることを売り出す

また、地方エンジニアであることを売り出すことも効果的です。地方ではコミュニティができており、そこに属しているエンジニアであることを示せれば、案件を受注できる可能性が高くなります。

地方でフリーランスエンジニアとして働く前にしておきたい準備

地方でフリーランスエンジニアとして働く場合、どのような準備をしておけば良いのでしょうか。ここでは、主な3つの準備を紹介します。

実績を作る

1つ目は実績を作ることです。実績を身につけていれば、案件を任せてくれる可能性が高まります。最もおすすめの方法は、都内のIT企業で3年実務経験を積むことです。都内のIT企業であれば、数が多いため就職もしやすく、実績を作る環境も整っています。まずは都内で実績を積み、少し経ってからフリーランスエンジニアになることをおすすめします。

ブログやポートフォリオを作成する

2つ目は、ブログやポートフォリオを作成することです。フリーランスエンジニアは信用と実績が必要です。その両方を満たすのがポートフォリオやブログとなります。

・簡単なプロフィール
・プロジェクトの実績
・使用言語
・資格
・自身の制作物(アプリなど)

これらの項目を記載しておけば、サイトを経由してエンジニア案件を任せてもらえるかもしれません。また、ブログやポートフォリオを使って営業をかけていけば、案件を受注できる可能性も高くなるはずです。

単価を決めておく

次に重要なことは、単価を決めておくことです。フリーランスエンジニアの案件といっても、人によってばらつきがあります。ある程度の単価を決めておかなければ、任せる方が単価に対して迷ってしまうため、事前に単価を設定しておきましょう。

しかし、相場に比べて高すぎる報酬を設定してしまうと、案件を獲得できない懸念もあります。そのため、ある程度の相場は抑えつつ、自分のスキル・経験に見合った単価を設定しておくと良いでしょう。

地方のフリーランスエンジニアが継続案件を獲得するために心がけること

地方のフリーランスエンジニアとして活動する場合、継続案件を獲得することが重要になります。

なぜなら、そもそもエンジニア案件が少なく、継続して受けられる会社がなければ、収入を確保することが難しいためです。ここでは、地方のフリーランスエンジニアが案件を獲得するために心がけるべきことを2つ紹介します。

複数の案件を獲得する

1つ目は複数の案件を獲得することです。フリーランスエンジニアは突然契約を解除されることがあります。その際に自分が持っている案件が1つだけだと、収入が激減してしまう恐れがあるでしょう。

常に複数の案件を獲得して、稼げない期間がなくなるようリスク分散を行う必要があります。また、その余裕を持っていると、新たな案件に提案しやすく、継続案件を獲得しやすいはずです。

素早く連絡を取る

フリーランスエンジニアとして地方で仕事を獲得するためには、信頼が必要になります。最も信頼を得やすい方法は「素早く連絡すること」これに尽きるため、迅速なレスポンスを行いましょう。

迅速なレスポンスを心がけるだけで、相手に信用を与えられます。「この人にまた仕事を任せたい」「この人なら安心して任せられそう」と思ってもらえるようにすることが、継続案件を受注することにつながります。

フリーランスエンジニアが案件を獲得するならアットエンジニアがおすすめ

フリーランスエンジニアが案件を獲得するなら、アットエンジニアを利用するのがおすすめです。ここでは、アットエンジニアを利用するメリットを3つ紹介します。

多数の高額案件を選べる

アットエンジニアは多数の高額案件の中から、自分のスキルにあった案件を探せます。そのため、スキルと照らし合わせながら、高額案件に挑戦できる可能性があります。

また、エリア別で地方の案件も検索できるため、地方の案件獲得を目指している方にもお勧めのサービスとなっています。

即日払いに対応しておりキャッシュフローも安心

同社が提供している「ソクモ」を利用すれば、資金が必要な時にすぐ現金化できます。前払いは当該月単価の50%まで、即日払いは前月稼働分を受け取れます。

地方でフリーランスエンジニアとして開業する場合、急に出費が必要となるケースもあるでしょう。そういったトラブルにもすぐに対応できるのがアットエンジニアの魅力です。

アサインまでの圧倒的スピード感

アットエンジニアは1人の担当者がフリーランスエンジニアとクライアントをつないでいます。そのため、案件の獲得がスムーズで、面談にかかる時間を削減できるでしょう。

また、ボタンをクリック、必要な情報を記載するだけの2ステップで案件に応募できます。つまり、案件の営業にかける時間を短縮でき、自分の作業に集中できるのです。さらに、リモート案件も用意しているため、地方にいながら都内のフリーランスエンジニア案件を獲得することもできます。

まとめ

本記事では、フリーランスエンジニアが地方でも働けるのかについて紹介するとともに、地方で働くメリット・デメリット、地方で働く際に必要な準備について紹介しました。フリーランスエンジニアとして地方で働くことは可能です。また、地方で働くことで家賃を抑えられる、ストレスが少ない、など多数のメリットがあります。一方で、リモート案件でない場合は、地方には案件自体が少ないというデメリットもあるため、案件獲得には悩まされることもあるでしょう。

弊社が運営しているアットエンジニアを活用すれば、エリアごとに案件を探せて、フルリモート案件も取り揃えているため、フリーランスエンジニアとしての案件獲得の難易度が下がります。無料登録から進められますので、ぜひ以下のリンクからご覧ください。

無料登録はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる