MENU

フリーランスエンジニアの一日とは?さまざまなモデルケースを紹介!

「フリーランスエンジニアってどんな働き方をしているの?」「一日に何時間くらい働いているの?」など、フリーランスエンジニアになろうとしている方の中には、疑問を抱えている方もいらっしゃるでしょう。

確かに、会社員としてエンジニア業務をしていると、会社の状況しか理解できないため、フリーランスがどのように仕事をしているのかわからないものです。

本記事では、フリーランスエンジニアの一日の仕事内容や働き方のモデルケース、会社員と比較した時のフリーランスエンジニアのメリット・デメリットについて紹介します。フリーランスエンジニアの一日が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

フリーランスエンジニアの一日は仕事内容によって様々

フリーランスエンジニアの一日は、仕事内容や個人の生活スタイルによって様々です。そのため、決まった一日の流れで過ごしているフリーランスエンジニアの方は少ないでしょう。

ただし、フリーランスエンジニアの働き方によって、おおよそ一日の流れは決まってきます。

フリーランスエンジニアには三種類の働き方がある

フリーランスエンジニアの働き方は、以下の3つに分かれています。

・常駐型
・一括請負型
・リモート型

まずは、それぞれの働き方について詳しく解説していきます。

常駐型

常駐型は、客先に常駐して作業するフリーランスエンジニアの働き方です。つまり、通常の会社員と同様に客先に通勤して、フリーランス業務を行うため、基本的には会社員と同様のオフィスで仕事を行うことになります。

ただし、月間の勤務時間で報酬が支払われており、会社側は「残業させてはいけない」などと総務担当者から指示を受けているケースが多いです。そのため、会社員と比較すると時給単価が高く、残業が少ないというメリットがあります。

一括請負型

一括請負型の場合、システムやアプリの制作を全て一括で請け負う働き方のことです。

報酬は納品物に対して支払われるため、作業場所や時間は完全自由となっています。ただし、成果物の責任が全て自分に発生し、他の働き方よりも厳しいケースがあります。

また、営業で案件を受注するのが難しいこともデメリットです。ただし、フリーランスエンジニア向けのエージェントを活用すれば、営業の工数を大幅に削減でき、案件獲得は難しくありません。

リモート型

リモート型のフリーランスエンジニアは、自宅やカフェなど作業場所に関わらずに働けるメリットがあります。

多くの方がイメージするフリーランスエンジニアの一日に近いでしょう。もちろん、リモートで働けるため、仕事の進め方や場所は自由ですが、プロジェクトチームの一員として働くため、勤務時間においては規定があるというケースがほとんどです。

常駐型フリーランスエンジニアのモデルケース

まずは、常駐型フリーランスエンジニアのモデルケースを見ていきましょう。ここでは、よくある週3日案件、週5日案件のモデルケースを見ていきます。

週3日案件のモデルケース

常駐型で週3日案件の場合、週3日は会社員と同様の働き方で、残りの2日間で自分のポートフォリオを作成したり、Webサービスを開発したりという働き方が一般的です。

まずは、会社がある日のモデルケースを見ていきます。

7:00 起床
7:30 食事
8:00 出勤
9:00 作業開始
12:00 昼食
13:00 作業再開
19:00 退勤
20:00 帰宅、夕ご飯
21:00 趣味の時間
24:00 就寝

例えば、このようなスケジュールで仕事が進んでいきます。会社員とほとんど同じようなスケジュールと考えるのが良いでしょう。

また、残りの2日間は自分のポートフォリオを作るため必要な作業をしていくこともあります。

週5日案件のモデルケース

週5日案件の場合、週3日案件のように自分の作業に充てられる時間がないため、ほとんど会社員と変わらないスケジュールで仕事が進んでいきます。

8:00 起床
8:30 出勤
9:00 作業開始
12:00 昼の休憩
13:00 作業再開
18:00 終業
19:00 夕食、休憩
24:00 就寝

このようなスケジュールが週5日続いていくので、会社員の作業時間とほとんど変わりません。ただし、フリーランスエンジニアとして働く方が収入が増えて、金銭的な余裕が生まれやすいです。

一括請負型フリーランスエンジニアのモデルケース

次に、一括請負型フリーランスエンジニアの1日のモデルケースを見ていきましょう。フリーランスエンジニアの働き方の中で最もイメージがしづらい部分ですが、一例として確認頂ければと思います。

週3日案件のモデルケース

一括請負型で週3日の場合は、1つ1つの単価が高く、抱えている案件数を少なくしているということになります。そのため、残りの2日間で新たな言語を習得したり、増えた知識を整理したりしている人が多いです。また、趣味や自分の時間を作るために週3日働いているという方もいます。

8:00 起床
8:30 食事
10:00 打ち合わせなど
10:30 作業
12:00 昼食休憩
13:00 作業
17:30 打ち合わせ
18:00 食事
19:00 作業
20:00 趣味の時間
23:00 就寝

週5日案件のモデルケース

週5日案件の場合は、案件数を増やしてより経験を積む場合に適しています。

7:30 起床
8:00 朝ごはん
8:30 メール確認
9:30 カフェに到着
10:30 作業
12:00 昼ごはん
13:00 作業
15:00 読書
17:00 帰宅
18:00 晩御飯
19:00 お風呂&ストレッチ
20:00 メールチェック
21:00 読書
24:00 就寝

週5日案件を受注している場合は、最新情報や他領域の学習にかけられる時間が少なくなります。そのため、毎日少しずつ学習を進めている方も多いです。

リモート型フリーランスエンジニアのモデルケース

リモート型フリーランスエンジニアの場合、作業場所に囚われないため、好きな場所で働けるというメリットがあります。また、常駐案件のように会社へ通勤する必要がなく、自由な時間を確保しやすい点も特徴です。

週3日案件のモデルケース

週3日で働く場合、次のようなモデルケースが考えられます。

8:30 起床
8:45 食事
9:00 掃除
9:30 メールチェック
10:00 カフェで作業
12:00 帰宅、昼ご飯
13:00 自宅作業開始
15:00 休憩
16:00 自宅作業再開
18:00 夕飯
20:00 趣味
22:00 就寝

週5日案件のモデルケース

週5日で働く場合、次のようなモデルケースが考えられます。

6:30 起床
7:00 朝食
8:00 作業開始
8:30 作業中断、家事
9:00 作業開始
13:00 昼食
14:00 作業開始
18:00 食事
21:00 残りの作業
24:00 就寝

1日の作業時間は決まっていますが、比較的自由に作業できるので、空いた時間に家事など家のことをできる点はリモート型フリーランスエンジニアの強みです。

会社員と比較した時のフリーランスエンジニアのメリット

会社員と同様な働き方になることも多いフリーランスエンジニアですが、会社員と比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、主な5つのメリットを紹介します。

自由に仕事を選択できる

会社員に比べて、フリーランスエンジニアは仕事を選べるというメリットがあります。

もちろん、やりたくない仕事をしなければならないケースもありますが、会社員のように上司から嫌な仕事を任されることが少ないでしょう。

スケジュールが自由に調整できる

会社員と比較してフリーランスエンジニアは自由にスケジュールを調整できます。会社員は基本的に会社の指示に従って仕事を受ける必要がありますが、フリーランスエンジニアの場合、働く場所・時間、受ける作業内容まで自由に調整できます。

家族との時間を作りやすい

フリーランスエンジニアの場合、家族との時間を作るなど、プライベートと両立しやすい点も特徴です。会社員の場合、出社時間や退勤時間が決まっており、柔軟に対応するのが難しいケースもあります。また、残業も発生するケースなどがあるでしょう。

しかし、フリーランスエンジニアの場合は、スケジュールを調整すれば、どうしても用事がある時に時間を作ることができます。例えば、育児に時間をかけたり、場合によっては仕事量を減らしたりすることもできるため、ワークライフバランスを保ちやすいでしょう。

自分の頑張り次第で収入をアップさせられる

フリーランスエンジニアなら、自分の努力次第で収入をUPさせられます。もちろん、必ず年収をUPさせられるわけではありませんが、作業した分だけ収入もUPさせられるので、会社員よりも年収が上がりやすくなるでしょう。

人間関係のストレスが少ない

フリーランスエンジニアは会社員と比較して人間関係が少ないです。

そのため、人間関係に悩まされることなく、ストレスを軽減して働けます。また、人間関係に疲れてしまったら、自ら案件を打ち切ることも可能です。

会社員と比較した時のフリーランスエンジニアのデメリット

会社員と比較した時のフリーランスエンジニアのデメリットは、3つあります。

社会的信用が低い

フリーランスエンジニアは社会的な信用が低いというデメリットがあります。なぜなら、会社員に比べて、安定した給料を確保できないと判断されるためです。

また、収入が多かったとしても、不安定な働き方とされるケースが多く、賃貸契約やローンなど社会的評価が必要な場合に評価されないケースがあります。

いつ仕事がなくなるかわからない

会社員の場合、仕事が決まったらその仕事が突然なくなっても、会社の問題で個人の問題にはなりません。そのため、仕事がなくなっても収入に反映されることはありません。

しかし、フリーランスエンジニアの場合、仕事が無くなった時に収入自体が下がるケースがありますし、場合によっては突然契約が打ち切られることもあります。自分が一生懸命仕事をしていたとしても、クライアントの都合で獲得した仕事がなくなってしまう恐れがあるのです。

仕事を獲得するのに時間がかかる

フリーランスエンジニアが仕事を受けるためには、営業を行う必要があります。一般の会社員は、営業担当者が獲得してきた仕事を受けるため、自分で仕事を探す必要はありません。しかし、フリーランスエンジニアの場合は、自分で仕事を探す必要があるため、営業スキルや自己アピール能力が必要です。

つまり、どれだけエンジニアの技術力が高くても、最低限の営業のスキルがなければ、更なる収入増加が期待できません。そのため、人によっては収入に上限がある可能性もあります。

フリーランスエンジニアとして案件を獲得するならアットエンジニアがおすすめ

フリーランスエンジニアとして、自分に最適な案件を獲得するなら、アットエンジニアがおすすめです。ここでは、アットエンジニアをおすすめする理由を3つ紹介します。

多数の高額案件を選べる

アットエンジニアは多数の高額案件の中から、自分のスキルにあった案件を受注できるサービスです。フリーランスエンジニアが自分のスキルを提示できれば、多くの案件の中から、高額案件を受注できる可能性があります。

即日払いに対応しておりキャッシュフローも安心

同社が提供している「ソクモ」を利用すれば、資金が必要な時にすぐ現金化できます。前払いは当該月単価の50%まで、即日払いは前月稼働分を受け取れます。特に、フリーランスエンジニアになりたての方は、キャッシュフローに悩まされることは多いですが、そういった心配もなくなります。

アサインまでの圧倒的スピード感

アットエンジニアは1人の担当者がフリーランスエンジニアとクライアントをつないでいます。そのため、案件の獲得がスムーズで、案件獲得にかかる時間を削減できるはずです。

また、案件に応募する場合は応募ボタンをクリックし、必要な情報を送信するだけのスムーズな操作で完了します。

まとめ

本記事では、フリーランスエンジニアの一日の仕事内容や働き方のモデルケース、会社員と比較した時のフリーランスエンジニアのメリット・デメリットについて紹介しました。

フリーランスエンジニアとして働く場合、様々な働き方が可能になります。自分の理想の一日にマッチしている場合は、メリットを感じられるでしょう。本記事の内容も参考に、フリーランスエンジニアへの転向も検討してみてください。

また、フリーランスエンジニアとして案件受注数に悩まされているのなら、アットエンジニアを利用してみてください。無料登録から進められますので、ぜひ以下のリンクからご覧ください。

無料登録はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる