MENU

フリーランスエンジニアにスキルアップは重要!必須スキルや重宝される能力を紹介

フリーランスエンジニアでスキルアップを目指しているという人は多いです。「スキルアップによって報酬の高い案件を受注したい」「もっとやりがいのある案件に携わりたい」など希望を持っている人は多いのではないでしょうか。

本記事では、フリーランスエンジニアがスキルアップするためにすべきことや、案件ごとの必要なスキル、最低限必要なスキルなどを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

フリーランスエンジニアにスキルアップは重要?

「そもそも、フリーランスエンジニアにスキルアップは必要なのか?」と疑問を抱える方も多いでしょう。結論を先にお伝えすると、フリーランスエンジニアにスキルアップは必要です。IT業界は日々新しい技術が開発されていき、新たな技術が必要となる業界です。

その一方で、現在主流となっている技術がいつか廃れていく可能性も0ではありません。そのため、現在のスキルで満足していること自体がフリーランスエンジニアとしてはリスクで、日々学習し続けていく姿勢が必要になるのです。

レバテックフリーランスでは、2015年4月〜6月と2016年1月〜3月において「プログラミング言語案件数の推移」を比較した調査が行われました。この短期間でもRubyは2015年4月〜6月と比較して、従来の80%を超える案件数の増加があったようです。また、その他のJavaやPHPにおいては、2015年4月〜6月と比較して案件数が下がったという結果が出ています。

参照:レバテックフリーランス プログラミング言語案件数の推移
https://freelance.levtech.jp/guide/detail/68/

つまり、いつ新しい言語が普及し始めるか、もしくは廃れていくかがわからない状況となっています。そのため、新たな言語を学習しながら、スキルアップを目指すことはフリーランスエンジニアにとって重要なのです。

フリーランスエンジニアに最低限必要なスキル

フリーランスエンジニアになる場合、最低限以下の5つのスキルが必要です。

  1. 業務に関するスキル
  2. コミュニケーション能力
  3. 学習能力
  4. 自己管理能力
  5. 経理に関する知識

ここでは、それぞれのスキルの概要について詳しくみていきます。

業務に関するスキル

フリーランスエンジニアとして収入を増やすには、業務に関する高いスキルレベルが必要です。エンジニアの業務は以下のように様々なものがあります。

・サーバー構築
・ネットワークインフラ
・HP制作
・スマホアプリ開発
・ITコンサル
・PM
・SE
・PG
・AI
・データ分析

どれか特定のスキルだけでも特化した案件に応募することは可能ですが、専門分野を作りつつ、その他の分野に関しても知識を持っている状態が望ましいです。エンジニアとして活動を続けるには、業務に関する総合的なスキルが必要となります。

コミュニケーション能力

「フリーランスエンジニア=1人で作業する」と考える方もいますが、実際には、チームでプロジェクトを進める場合も多いです。また、1人で黙々と作業をするタイプの案件だとしても、クライアントと密なコミュニケーションが必要となるでしょう。

つまり、フリーランスだとしても業務に支障がない程度のコミュニケーションスキルは最低限必要となります。

学習能力

フリーランスエンジニアとして活動をしていると、今までに見たことのないような業務を任されるケースもあります。その際にも「わからない」と投げ出すのではなく、学習によって技術を身につけ、クライアントの要望を満たす必要があります。

また、前述したとおりIT業界はトレンドが移り変わりやすく、学習能力がなければ時代に取り残されてしまう可能性があります。テクノロジーの流れを読みながら、今後どのようなスキルが求められるのかを察知し、学習を続けていく姿勢が重要です。

自己管理能力

フリーランスとして活動を続ける場合、自己管理能力は必須となります。会社に所属している場合、プライベートと仕事の区切りをつけることができますが、フリーランスの場合はタスク管理や案件の営業なども全て自分で行う必要があります。

また、それらの業務には全て責任が発生しているため、うまく管理できなければクライアントからの信頼を損ねてしまうでしょう。自由度が高い働き方を実現できるフリーランスですが、管理能力がないまま仕事をスタートしないよう、最低限自己管理能力を身につけることは大切です。

経理に関する知識

フリーランスは雇用契約を結んでいるわけではないため、自らが社会保険や年金を支払う必要がありますし、税金も納めなければなりません。そのため、経理に関する基礎知識は保有しておいた方が良いでしょう。

現在、確定申告に使えるツールが用意されており、そういったツールを活用すれば、経理作業がうまくいきます。とはいえ「そもそも経理とは」などの入り口の部分を理解していなければ、最大限ツールを活用することは難しいです。フリーランスとして活動するなら最低限必要なスキルとして認識しておきましょう。

フリーランスエンジニアが持っていると重宝されるスキル

次に、フリーランスエンジニアが持っていると重宝されるスキルを3つ紹介します。

  1. 営業力
  2. 自己プロデュース・ブランディング力
  3. 顧客のニーズを理解する能力

これらのスキルを保有していれば、フリーランスとして重宝される人材になり、報酬を高めることにつながるかもしれません。それぞれのスキルについて詳しくみていきましょう。

営業力

どれだけスキルレベルが高いエンジニアだとしても、営業力がなければ案件を受注することはできません。そのため、多くの案件を受注するためには、高い営業力が必要となります。

営業力は「できる・できない」を数値化することは難しく、正解があるわけではありません。とはいえ、我流で営業を行うのではなく、顧客が抱えている課題に対して、自分ができることを売り込む交渉力を身につけることが大切です。

自分の魅力を押し出すことが得意な人は多いですが、その一方で、ヒアリングが苦手な人はエンジニアに多いです。そのため、顧客の悩みを聞く姿勢を磨くなど、客観的な目線で自分に何が足りないのかを理解し、軌道修正していく力が求められるでしょう。

ちなみに、営業がどうしても苦手な場合、エンジニア向けのエージェントを活用する方法があります。案件受注が簡略化できるため、営業が苦手な人は利用を検討してみても良いでしょう。

アットエンジニア

自己プロデュース・ブランディング力

自分の強みや得意分野を打ち出す自己プロデュース力もフリーランスには重要です。逆にいえば、魅力・強みを打ち出せないフリーランスは業界においてどのような価値を提供してくれるのかわからず、依頼を受けることが難しいでしょう。フリーランスエンジニアとしてスキルアップを目指すなら、自己プロデュース・ブランディングが重要となります。

・ブログ運営でエンジニアの技術を公開する
・SNSでエンジニアの呟きを発信する
・自身が開発した独自サービスを提供する

このように様々なブランディングの方法があるため、自分の得意分野で情報を発信しながら、仕事の幅を広げていくことが大切です。

顧客のニーズを理解する能力

フリーランスとして案件を受注するためには、自分がどのような価値を提供できるのかを伝える必要があります。その根幹にあるのは顧客のニーズを理解することです。

技術を身につけるだけでなく、その技術によってどのように価値提供できるかを知るため、ヒアリングの能力を高めていくことが大切です。

フリーランスエンジニアの案件ごとに必要なスキル

次に、フリーランスエンジニアが案件ごとに身につけておくべきスキルについて紹介します。

Web・アプリ開発

Web・アプリ開発の場合、フロントエンドではHTMLやCSS、JavaScriptなどの言語、バックエンド開発案件ではPHP、Perl、Rubyなどの言語を使用することが多く、これらのスキルは必要です。

また、コンテンツ開発においてはチームで案件をこなすケースと、個人で全てを制作するケースがありますが、どちらの場合でも全ての作業フローを理解しておくことが大切です。

システム開発

システム開発では、基幹システム、業務上使用するアプリケーション、家電製品のシステムなどを開発します。これらのプロジェクトは大掛かりになることが多く、客先に常駐し、チームで仕事を行うケースが多いです。

使用言語はJavaやC言語、C++など開発向け言語を使用することが多く、高いレベルのスキルを求められるでしょう。

インフラ系

インフラ系エンジニアは、ネットワーク、ハードウェア、OSなどの設計構築を行います。求められるスキルは多種多様で、サーバーやネットワーク、セキュリティ、クラウドなどプロジェクトのカテゴリによっても大きく異なります。

そのほかにもチームで動くことが多く、全体をまとめるマネジメント能力やヒアリングスキルを持っていると重宝されます。

運用・監視

運用・監視とは、製品に関する問い合わせが来たときに受け付ける仕事です。製品の仕様を理解し、実際のユーザーが疑問視している部分を解消できるスキルが必要です。

また、運用・監視には「デバッガー」などの案件も用意されています。こちらは、何度もバグの確認を繰り返し、完全にバグが見つからないようになるまでつきっきりで作業する集中力が求められます。

フリーランスエンジニアがスキルを身につけるためにやるべきこと

フリーランスエンジニアがスキルを身につけるためには、何をすべきでしょうか。

  1. 書籍で学習する
  2. 学習サイトを利用する
  3. 勉強会やセミナーを利用する
  4. エージェントで実際に案件を受注する

ここでは、上記の主な4つのスキルアップ方法について紹介します。

書籍で学習する

まずは、書籍で情報を収集する方法があります。書籍には信頼性の高い情報が載っており、業務にそのまま使える知識が学べます。

幅広い知識を学べる入門書を購入し、その後気になる部分の知識に関しては技術書で学ぶ方法がおすすめです。

学習サイトを利用する

まったくの初心者が情報を収取する場合、学習サイトを活用するのが効果的です。Webで検索をかけることで、基本的な言語であれば情報を収集できます。

また、体験型の学習サイトも用意されており、活用すれば、実践的に知識を身につけることが可能です。

勉強会やセミナーを利用する

知識のインプット量を増やしたいのなら、勉強会やセミナーを利用するのがおすすめです。最初は無料で受講できるものも多く、試しに参加してみて、知識が身につきそうなら加入する方法もあります。

独学の場合の挫折率は高いですが、複数人のエンジニア志望者がいる場合、モチベーション維持にもつながるでしょう。

エージェントで実際に案件を受注する

ある程度知識を身につけられたら、実際に案件を受注しながら学習していく方法がおすすめです。もちろん、納品できるレベルの技術は必要ですが、少し自分に負荷をかけることで成長スピードが格段に上がります。

ポートフォリオさえ用意できていれば、エージェントから仕事を受注できることもあります。一定のスキルレベルがあると感じるなら、自分に合った案件を探してみてはいかがでしょうか。

フリーランスエンジニアとして案件を獲得するならアットエンジニアがおすすめ

フリーランスエンジニアとしてスキルアップを目指したいなら、アットエンジニアの利用をおすすめします。ここでは、アットエンジニアのメリットを3つ紹介します。

多数の高額案件を選べる

アットエンジニアには大量の高額案件が存在しているため、フリーランスとして収入を伸ばすことに役立つでしょう。具体的には、1案件当たり50万円〜100万円ほどのものもあり、収入を大幅に上げられる可能性があります。

即日払いに対応しておりキャッシュフローも安心

アットエンジニアでは「ソクモ」が利用可能です。資金が必要な時すぐに現金化できるため、キャッシュフローに困ることは少なくなるでしょう。

アサインまでの圧倒的スピード感

応募は希望の案件をクリックし、エントリーを送信するだけで完了します。そのため、エンジニア向けのエージェントを活用したことがない人でも簡単に利用できます。

まとめ

本記事では、フリーランスエンジニアがスキルアップするためにすべきことや、案件ごとの必要なスキル、最低限必要なスキルなどを紹介しました。スキルアップを目指したいのであれば。業務に必要なスキルを身につけるとともに、フリーランスに必要な知識を身につける必要があります。本記事で紹介したスキルはどれも必要なものですので、まずは、そこから身につけてみてはいかがでしょうか。

また、本記事で紹介した「アットエンジニア」を利用すれば、フリーランスが案件を受注しやすくなります。その結果、実践経験が身につき、スキルを身につけられるでしょう。まずはアカウント登録から進めてみてください。

無料登録はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる