MENU

フリーランスエンジニアになる最適タイミングとは?多くの人の事例や踏み切る際のポイントを解説!

エンジニアがフリーランスとして働くことで、好きな時間にストレスなく働ける可能性が高まります。そんな働き方に魅力を感じ、フリーランス転向を希望する人も多いでしょう。

とはいえ、「フリーランスになることで会社員時代よりもキツくなってしまうのではないか」と考える人も多いはずです。そんな人こそ、フリーランスエンジニアになるタイミングに悩んでいるのではないでしょうか。

本記事では、フリーランスエンジニアになるタイミングを決めるポイントや、フリーランスになるために必要なスキル、事前にしておくべき準備などを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

多くの人がフリーランスエンジニアになっているタイミング

そもそも、多くの人はどんなタイミングでフリーランスエンジニアになっているのでしょうか。ここでは、多くの人がフリーランスエンジニアになった年齢や、会社員経験年数を紹介します。

フリーランスエンジニアになった年齢

実際にフリーランスエンジニアになった人のデータを見てみると、30代でフリーランスになったと答えている人の割合が多いようです。

クラウドソーシングサービスを提供しているランサーズが2021年に実施した「フリーランス実態調査」によれば、20代からフリーランスになっている人も存在するものの、30代のフリーランスエンジニアの人口が多くなっているため、このくらいの年齢でフリーランス転向している人が多いのではないかと考えられます。

また、自営業で専業としてフリーランス活動をしている人の割合として、40代は25%、50代は30%というデータになっています。

つまり、20代でフリーランスになっている人も若干存在しているものの、実態としては40代頃からフリーランスになる人が多いことがわかります。

 

参照:ランサーズ フリーランス実態調査 2021
https://www.lancers.co.jp/news/pr/21013/

フリーランスエンジニアになるまでの年数

次は、フリーランスエンジニアになるまでにかかった年数のデータを見てみましょう。経済産業省によって調査された、「平成27年度小規模事業者等の事業活動に関する調査に係る委託事業報告書」によれば、フリーランスになるまでの就業年数について、以下のようなデータが出ています。

5年未満      … 18.8%
5年以上10年未満 … 21.5%
10年以上15年未満 … 20.8%
15年以上20年未満 … 13.5%
20年以上30年未満 … 17.9%
30年以上      … 7.6%

最も多い数値を示しているのが、5年以上10年未満とのことで、22歳新卒でエンジニアとして活動をスタートした場合、27〜32歳の間にフリーランス独立する方が多いようです。

参照:経済産業省 平成27年度小規模事業者等の事業活動に関する調査に係る委託事業報告書
https://engineer.emilee.jp/guides/first/first-timing

フリーランスエンジニアになるタイミングを決めるポイント

フリーランスエンジニアになるタイミングを決める場合、年齢や経験年数の他にどのようなタイミングがあるのでしょうか。

ここでは、フリーランスエンジニアになるタイミングを決めるポイントについて、4つ紹介します。

潤沢な資金を用意して独立する

フリーランスとして活動を始めると、会社員時代よりも収入が安定しないことが多いです。そのため、資金を用意しておく必要があるでしょう。

また、フリーランスとして独立するためには主に以下のような費用が必要です。

・機器購入費:約20万円
・生活費3ヶ月分:約30〜50万円
・事務所の家賃(半年):約50万円
・合計:100万円ほど

これらの費用を準備できていれば、フリーランスとして活動する上で、収入が確保できなくなった場合でも安心です。特に生活費の準備は忘れがちですが、まったく収入がなくても半年ほど生活できるよう事前に準備しておきましょう。

体調を整えてから独立する

会社員の場合、労災保険などに加入しているため、病気になったとしても会社が保障してくれます。ところが、フリーランスの場合、どの組織にも所属していないことになるため、自分で医療費を出す必要が出てきます。

そのため、独立前に病気を患っている場合は、完治してからフリーランスになった方が良いと言えるでしょう。

ちなみに、2021年9月からIT業界のフリーランスに限り、労災保険への特別加入が認められました。もちろん、自身で保険料を支払う必要がありますが、健康に関しては少しデメリットが少なくなったと言えます。

まずは副業からはじめる

いきなりフリーランス独立をはじめてしまうと、収入が確保できない可能性が高まり、リスクになってしまいます。そのため、独立後の生活において、どのような生活ができるかをイメージできるよう、まずは副業からスタートしてみるのがおすすめです。

ある程度業務のこなし方が分かってからフリーランスに転向すれば、収入が安定しやすくなります。

実務経験が身についているか自己分析する

フリーランスになる前に、実務経験がスキルに結びついているかを確認することが大切です。まずは、自分が業務をこなせる人材かを判断するため、自己分析をしてフリーランス化を検討してみましょう。

主に、次のような指標で自己分析を行えば、フリーランス独立しても問題なく稼げる可能性が高まります。

・副業で収入が確保できているか
・専門分野に関して、最後まで業務を行えるか
・作業時間に対して高単価を得られているか
・実務経験が3年以上あるか

フリーランスエンジニアになる前に身につけるべきスキル

フリーランスエンジニアが独立する前に身につけておくべきスキルは4つあります。

  1. 業務に関するスキル
  2. コミュニケーション能力
  3. 営業力
  4. 自己管理能力

それぞれ、詳しく解説します。

業務に関するスキル

フリーランスエンジニアとして収入を伸ばすためには、業務に関するスキルレベルが重要になります。フリーランスは成果で報酬が支払われるため、能力が低ければ、収入を増やしていくことが難しいためです。

また、会社内ではスキルを持っている方だとしても、実際にフリーランスの中で比較すると、スキル不足というケースはあるため注意が必要だといえます。

自分の能力を的確に判断するには、まず簡単な副業をはじめてみるのがおすすめです。提案すれば、自分のスキルがどれほど通用するものなのかを証明することができ、フリーランス独立してもやっていけるかが明確になるでしょう。

コミュニケーション能力

フリーランスが仕事を確保するためには、コミュニケーション能力が重要です。なぜなら、仕事を受注できるかは顧客との信頼性によって決まるためです。

顧客に信頼されれば、新たな仕事を紹介してもらえる可能性が高まり、継続的に案件を振ってくれる可能性も高まります。また、エンジニアの場合、過去の同僚から仕事をもらうというケースが発生することも多いため、意識的にコミュニケーション能力を伸ばしていくことが重要です。

営業力

新たな仕事を獲得するためには、営業が必要です。そのため、営業力を身につけることが重要です。例えば、顧客の行動を先読みし、気持ち良く仕事を任せてもらえるようなスキルを身につけて、素早く案件獲得につながるようなアピール力を身につけることが重要です。

仕事を受注する上で、スキルレベルの高さも重要な指標ですが、同様に営業力も重要な指標です。ちなみに、営業があまり得意ではないという場合、エンジニア向けのエージェントを活用する方法があります。営業をエージェントが肩代わりするため、営業力に自身がない人でも仕事を獲得できる可能性が高まります。

本ブログを運営している弊社も「アットエンジニア」を提供しているため、利用を検討してみてください。

アットエンジニア

自己管理能力

フリーランスは自由な時間・場所で働けるという点がメリットですが、自己管理能力がなければ、作業をサボってしまい、収入を増やすことができません。場合によっては納期ギリギリになってしまい、信頼を損ねてしまうケースもあるでしょう。

また、保険や税金など支払いが必要な資金のことを考慮せずに全てのお金を使っていると、キャッシュフローが滞ってしまい、借金に発展してしまうケースもあります。

このように、フリーランスは自由を手にする代わりに、仕事やお金に対して自己管理能力が必要だということを理解しておきましょう。

フリーランスエンジニアになる前にやっておくべき準備

フリーランスエンジニアになる前にやっておくべき準備が3つあります。

  1. 口座を開設する
  2. クレジットカードを作成する
  3. 住宅ローンの借り入れを行う

これらを行なっていなければ、後ほど後悔することもあるため注意が必要です。それぞれ詳しくみていきます。

口座を開設する

フリーランスが報酬を受け取る場合、基本的に口座を用意しておく必要があります。もちろん、個人講座で報酬を振り込んでもらう方法もありますが、それでは経理処理が煩雑になりがちです。そのため、プライベート用と事業用の口座は分けておいた方が良いでしょう。

銀行口座は個人用のものでも問題ないため、事前に準備しておくことをおすすめします。

クレジットカードを作成する

フリーランスになる前に、クレジットカードを作成しておくことがおすすめです。フリーランスの場合、収入が安定せず、社会的信用を確保できないケースがあります。年間所得が低いフリーランスの場合、クレジットカードを作成すること自体が難しいケースもあるでしょう。

会社員であれば一定の信用があるため、独立して信用を下げてしまう前に、クレジットカードを作成しておくことが大切です。

住宅ローンの借り入れを行う

クレジットカード同様、フリーランスは住宅ローンへの加入も難しくなります。そのため、住宅ローンの利用を検討している場合は、独立前に済ませておくのがおすすめです。

フリーランスエンジニアとして案件を獲得するならアットエンジニアがおすすめ

フリーランスエンジニアは収入を安定させることが難しいです。ところが、アットエンジニアを利用することで、収入を増やせる可能性が高まります。ここでは、アットエンジニアのメリットを3つ紹介します。

多数の高額案件を選べる

アットエンジニアには大量の高額案件が存在しているため、フリーランスとして収入を伸ばすことに役立つでしょう。具体的には、1案件当たり50万円〜100万円ほどのものもあり、収入を大幅に上げられる可能性があります。

即日払いに対応しておりキャッシュフローも安心

アットエンジニアでは「ソクモ」が利用可能です。資金が必要な時すぐに現金化できるため、キャッシュフローに困ることは少なくなります。

アサインまでの圧倒的スピード感

応募は希望の案件をクリックし、エントリーを送信するだけで完了します。そのため、エンジニア向けのエージェントを活用したことがない人でも簡単に利用でき、すぐに成果を出しやすいです。

まとめ

本記事では、フリーランスエンジニアになるタイミングを決めるポイントや、フリーランスになるために必要なスキル、事前にしておくべき準備などを紹介しました。フリーランスエンジニアは収入を安定させづらいというデメリットがあります。とはいえ、適切な準備を行い、タイミングを逃さなければ、フリーランスは会社員よりも大きな収入を得られます。本記事の内容も参考に、フリーランスの独立タイミングを考えてみてください。

また、本記事で紹介した「アットエンジニア」を利用すれば、フリーランスが案件を受注しやすくなります。その結果、実践経験が身につき、スキルを身につけられるでしょう。まずはアカウント登録から進めてみてください。

 

無料登録はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる