MENU

フリーランスエンジニアはポートフォリオを作成すべき?作成時のポイントや注意点を解説!

「フリーランスエンジニアとして活動するならポートフォリオを作成した方が良い」という声はよく耳にします。とはいえ、どのように作成すれば良いのか、どんな内容を含めれば良いのかと迷う方は多いのではないでしょうか。

本記事では、ポートフォリオを作成した方が良い理由や、作成時のポイント、注意点などを紹介します。また、作成に役立つWebサービスも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

フリーランスエンジニアにおけるポートフォリオとは?

フリーランスエンジニアにおいて、ポートフォリオとは、自分の実績を示すツールです。ポートフォリオがなければ、どんな仕事をしていて、どんな実績・スキルがあるのかを示せないため、仕事の依頼を受けることが難しくなります。

会社員としてエンジニアをやっている場合には、仕事は会社が勝手に準備してくれます。しかし、フリーランスの場合、仕事を自分で獲得する必要があるため、ポートフォリオはフリーランスに欠かせないものだと言えるでしょう。

フリーランスエンジニアはWebポートフォリオがおすすめ

ポートフォリオを作成する場合、紙とWebで作成する方法がありますが、フリーランスエンジニアの場合、Webポートフォリオを作成するのがおすすめです。紙よりWebの方がどこにいても情報を伝えやすいですし、印刷にかけるコストも必要ありません。

また、エンジニアは主にWeb業界で仕事をするため、そういった点でもWebポートフォリオの方が相性が良いと言えます。

フリーランスエンジニアがポートフォリオを作った方がいい理由

フリーランスエンジニアがポートフォリオを作るべき理由は3つあります。それぞれ詳しくみていきましょう。

自分のスキルを示せる

最も大きなメリットは、ポートフォリオがスキルを証明するツールになるという点です。ポートフォリオなしでスキルを示すだけでは説得力に欠ける説明となってしまいます。

その点、ポートフォリオを用意すると、保有しているスキルを視覚的に伝えることができ、スキルレベルを明確に示すことが可能です。

面接で有利に働く

魅力的なポートフォリオを用意しておくことで、作品に関する説明が不要なため、面接をスムーズに進められます。

また、面接で説明し損ねたアピールポイントについても、ポートフォリオで補足的に説明が可能です。面接官がポートフォリオを後で見返し、採用を決定するケースもあるかもしれません。

また、株式会社groovesのITエンジニア採用を実施している企業を対象とした「オンライン面接」に関するアンケート調査によれば、今後もオンライン面接を実施したい・検討したいと考えているクライアントが100%でした。ポートフォリオが充実していれば、今後の面接において有利に働くことは間違い無いと言えるでしょう。

参照:株式会社grooves ITエンジニア採用を実施している企業を対象とした「オンライン面接」に関するアンケート調査

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000105.000005321.html

仕事を獲得しやすい

Webポートフォリオにお問合せフォームを準備しておけば、そこから仕事が入ってくる可能性があるため、仕事獲得につながります。

営業活動を簡略化できる点は、ポートフォリオを作成する大きなメリットです。

フリーランスエンジニアがポートフォリオを作成する際のポイント

フリーランスエンジニアがポートフォリオを作成する場合に、注意すべきポイントが6つあります。ここでは、それぞれの項目について詳しくみていきます。

制作過程を明示する

ポートフォリオに作品を公開する際は、制作過程も同時に載せておくことが大切です。どのような案件で、どこに着目して制作したかを記載しておけば、仕事に対する意識がわかり、依頼しやすいためです。

また、制作過程を示すことで仕事のフローにおけるミスマッチが発生せず、長期的に契約が続く可能性を高められます。

UI・UXを意識して作成する

ポートフォリオのUI・UXも重要です。使いにくいサイトを制作してしまうと、実際の案件を依頼した時にも使いにくいものができてしまうと捉えられるからです。

ポートフォリオでは、シンプルなデザインでも問題ないので、細部まで使い勝手にこだわる姿勢を示しましょう。

作業範囲を明確にする

実務案件をポートフォリオに提示する場合、自分が行った作業範囲がどのくらいかを記載しておきましょう。作業範囲が曖昧だと、依頼者側は作業を任せても良いのか疑問を抱えてしまいますし、そもそもミスマッチにつながる可能性もるからです。

また、作業範囲に対して請け負う料金を記載しておくのもポイントです。

読みやすいコードを意識して作成する

Web制作のエンジニアであれば、誰もが読みやすく伝わりやすいコードを制作することが重要です。制作会社の担当者は作品のクオリティとコードの綺麗さを確認しており、場合によっては「わかりづらいコードを書くエンジニア」と判断されてしまいます。

どれだけクオリティが高くても不採用になってしまうケースがあるため、注意が必要です。

ポートフォリオの制作意図を示す

ポートフォリオは、自分の魅力を伝える手段・ツールです。コードを少し変更しただけのような作品では個性が出ず、効果的に伝わるポートフォリオにはならないでしょう。

ポートフォリオには自分なりのこだわりポイントを記載したり、作品ごとのコードを記載したりすることが大切です。

使用ツールや制作期間を書く

ポートフォリオ制作に使用したツールや、制作期間を記載するなど採用担当者に自分のスキルが伝わるような工夫を施しましょう。具体的には次のような項目を記載することが大切です。

  • 制作期間
  • 制作意図
  • コンセプト
  • こだわりポイント
  • 使用言語
  • 制作時期(エンジニア歴)

これらの項目を記載することで、より伝わるポートフォリオになります。

フリーランスエンジニアがポートフォリオを作る際の注意点

 

フリーランスエンジニアがポートフォリオを制作する際に注意したいことは3つあります。各項目について詳しくみていきます。

見やすさを考えて制作する

ポートフォリオは見る人の気持ちになって制作しましょう。自分好みのデザインに仕上げてしまう人もいますが、ポートフォリオが依頼者を判断する材料になりますから、デザインアhそこまで重要ではありません。

ポートフォリオを閲覧する人の気持ちになって、情報をどのように伝えるべきか、わかりやすく記載することが重要です。

定期的に更新する

ポートフォリオは作成して終わりではなく、常に更新を続けることが重要です。フリーランスとして活動を続けていけば、制作物は増えていくため、そういった作品を常に追加していくことは重要になります。

また、定期的に更新することで、エンジニアとしての活動を続けていることが明確になるため、仕事を獲得しやすくなります。

こりすぎたデザインはあまり効果がない

情報量が多すぎると、視覚的にみづらいデザインが出来上がってしまいます。そのため、ポートフォリオを制作する場合は、シンプルなデザインを意識して制作することが大切です。

ポートフォリオにおいては、自身の作品を引き立てるようなデザインが最適だと言えます。

フリーランスエンジニア向けのポートフォリオ作成方法

フリーランスエンジニアがポートフォリオを制作する場合、以下の流れで行うのがおすすめです。

ポートフォリオに掲載する作品を準備する

まずはポートフォリオに載せる作品を用意しましょう。作品は実務案件でも自主制作でも問題ありません。

ワイヤーフレームを作成する

次に、ポートフォリオの大まかな枠組みを設計します。どのようなサイト構造か、ボタンはどこに設置するのかなどを決めましょう。

大まかに作成できたら公開する

ポートフォリオのワイヤーフレームが決まったら、必要な要素を盛り込み、公開しましょう。Webポートフォリオの場合、公開してからでも修正は可能なので、まずは公開してしまうことが重要です。

公開後に修正する

ポートフォリオは公開後に修正を繰り返し、その時に最善のものを作成するよう心がけましょう。適宜最適な作品が並ぶように、追加・削除を繰り返すことが大切です。

ポートフォリオ作成に役立つWebサービス

ポートフォリオを作成する場合、以下3つのサービスを活用すると、効率的に制作できます。

Jimdo

Jimdoは直感的な操作でポートフォリオサイトが作成できるサービスです。無料で利用可能な上、統一感のあるデザインを作成できるため、UI・UX的にわかりやすいサイトが出来上がります。

大容量ストレージを利用できるため、画像や動画など容量が多い人は利用するのがおすすめです。

参照:Jimdo

ペライチ

ペライチは、無料で利用できるホームページ作成サービスです。有料プランも用意されていますが、ポートフォリオ用として使用するなら無料版で十分です。

ペライチでは、オンライン決済や予約システム、お問い合わせフォームを設置できる点が魅力。また、簡単な3ステップでホームページを公開できます。

参照:ペライチ

WiX

WiXは、無料でサイトが制作できるサービスです。テンプレートを配置するだけで簡単にポートフォリオサイトが作成できます。

また、サイトのアニメーションも直感的につけられるため、オリジナリティのある作品を制作できます。また、利用者が多いため、Web上に情報が豊富に存在していることも特徴です。

参照:WiX

フリーランスエンジニアとして案件を獲得するならアットエンジニアがおすすめ

フリーランスエンジニアとして案件を受注したいなら、アットエンジニアを利用するのがおすすめです。ここでは、おすすめする3つの理由を紹介します。

多数の高額案件を選べる

アットエンジニアでは、多数の高額案件を用意しています。中には、1件あたり100万円を超える案件も存在しており、フリーランスの収入を大幅に上げることにつながります。

即日払いに対応しておりキャッシュフローも安心

弊社が提供している「ソクモ」を利用できます。こちらを利用することで以下のようなメリットがあります。

  • 稼働当月に報酬の50%を受け取れる
  • 報酬確定後は自由に報酬を受け取れる

フリーランスにとっての大きな悩みである「キャッシュフロー」を円滑化できます。

アサインまでの圧倒的スピード感

アットエンジニアでは希望の案件をクリック、エントリーを送信するだけの2ステップで応募が完了します。また、フリーランス担当とクライアント担当が分かれておらず、登録から面談までの時間を効率化できます。

まとめ

本記事では、フリーランスエンジニアがポートフォリオを作成した方が良い理由や、作成時のポイント、注意点などを紹介しました。ポートフォリオを制作することで、案件を獲得しやすくなります。そのため、フリーランスエンジニアはポートフォリオを作成することが必須です。本記事の内容も参考に、ポートフォリオの制作を進めてみてください。

また、案件を素早く獲得したいのであれば、アットエンジニア」を利用するのがおすすめです。フリーランスが案件を獲得しやすくなり、報酬をUPさせられるでしょう。まずはアカウント登録から進めてみてはいかがでしょうか。

 

無料登録はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる