MENU

フリーランスエンジニアに学歴は必要?なくても稼ぐ方法やなるために必要なスキルとは?

「フリーランスエンジニアになろうと考えているけど、学歴が必要なの?」と疑問を抱えている方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、フリーランスエンジニアに学歴が必要かどうかという観点について紹介するとともに、学歴なしのフリーランスエンジニアが身につけるべきスキルや、活動内容などについて紹介します。また、具体的なステップについても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

フリーランスエンジニアに学歴は必要ない

フリーランスエンジニアの案件で、学歴を求めていることは非常に稀です。学歴があってもスキルが不十分な人も存在します。

そのため、学歴に対するコンプレックスを持つよりも、プログラミング言語など実務に関係するスキルを身につけることが重要です。

求人サイトに学歴の制限はほとんどない

実際に求人サイトを確認してみると、学歴に関する記述は本当に少ないことがわかります。一方で、ほとんどの案件が「実務経験〇年以上」と記載されているため、エンジニアとしての実績は求められています。

学歴がなくてもフリーランスエンジニアになれる理由

学歴がなくてもフリーランスエンジニアになれますし、しっかりと稼ぐことが可能です。ここでは、学歴がなくてもフリーランスエンジニアになれる理由を3つ紹介します。

学歴とスキルに関連性がないから

エンジニアとしてのスキルと学歴には関係がありません。学歴がないことがスキルの低いことを示す訳ではないため、問題なくエンジニアになれるのです。

もちろん、有名大学卒業などの学歴が起点となって話題になるケースはあると思いますが、学歴は必須スキルではありません。

学歴以外にも評価基準があるから

一般的に企業が学歴をみている理由は、努力した経験があることを示す1つの評価基準だからです。ある程度勉強に打ち込んだ実績を示せるため、学歴があると採用されやすいのです。

しかし、フリーランスエンジニアの場合は、学歴以外にもポートフォリオや実務経験、参加したプロジェクト情報など、さまざまな評価基準が存在します。むしろ、学歴よりもそういった評価基準でみられることの方が多いため、学歴は気にしなくても良いのです。

IT業界は人手不足に悩まされているから

IT業界は深刻な人手不足に悩まされています。多くの案件が存在し、受注する側が少ないという構造になっているため、学歴で人材を判断していると、業界全体が案件を回せなくなってしまいます。

そのため、学歴を気にするクライアントが少なくなっています。ちなみに、経済産業省が実施したIT人材需給に関する調査を参照すると、2030年頃にはITエンジニアの数が約79万人不足すると予想されています。

参照:経済産業省 IT人材需給に関する調査

https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

フリーランスエンジニアが学歴以外に身につけるべきスキル

フリーランスエンジニア学歴以外に身につけるべきスキルとは、どのようなものでしょうか。ここでは、3つのスキルについて紹介します。

実績と実務経験

フリーランスエンジニアが仕事を獲得するために、要となるのは、実績と実務経験です。業務に関する知識を蓄えることも重要ですが、実践業務でスキルアップすることは特に重要です。

幅広い案件に応募する
専門分野を絞って応募する

どちらの選択でも問題ありませんが、自分がやりやすい方法で経験を積む必要があるでしょう。

業務におけるスキル

技術力が高ければ、引く手数多の人材になれます。その状態になれば、学歴がなくても稼げるエンジニアになれるでしょう。

フリーランスエンジニアに求められるスキルは、現在行なっている業務に関するスキルもそうですが、業界のトレンドにあった新しいスキルも必要となります。分野に対して深い理解を示せると、学歴なしでも活躍できるエンジニアになれるはずです。

営業スキル

フリーランスとして案件を受注するためには、営業活動が欠かせません。コミュニケーションスキルや、相手の求めていることを理解し、ニーズにあった実績を提示できるスキルが重要です。

フリーランスの場合は、どれだけ技術力が高くても案件を取らなければ収入は確保できません。

学歴なしのフリーランスエンジニアがすべき4つの活動内容

学歴なしのフリーランスが案件を受注するためには、以下4つの活動を行うのがおすすめです。各項目について詳しく解説します。

Webサービスを自主制作する

Webサービスを作成すれば、自分の能力を示せるため、クライアントからの評価を受けやすくなります。また、Webサービスを作成して販売できれば、プログラムだけでなくマーケティングの知識があることも示せるでしょう。

もちろん、最初から独自コンテンツを制作するのは難しいので、既存のWebサービスを制作し、少しだけ改良して公開するだけでも自分の市場価値を高められます。

SNSで情報を発信する

TwitterやInstagramなどのSNSで発信を行うのもおすすめです。特に、Instagramは2019年6月時点のアクティブユーザーが3,300万人を突破したということで、自身の情報を拡散するのに役立ちます。

情報を閲覧したユーザーが仕事を振ってくれる可能性もあるため、余裕があればSNSでの活動も行うのがおすすめです。

エージェントを活用する

素早く案件を受注したいのなら、エンジニア向けのエージェントを利用するのがおすすめです。多数の案件を取り揃えており、自分のスキルに見合った案件を選択し、受注することが可能。営業にかける時間も短縮できるため、フリーランスの活動に大きく役立ちます。

ちなみに、本ブログを運営している弊社でもエンジニア向けのサービスとして「アットエンジニア」を提供しているので、利用を検討してみてください。

アットエンジニア

プログラミングスクールに通う

フリーランスとして活動していて、学歴に不安を感じるのなら、プログラミングスクールを利用するのもおすすめです。専門講師に教えてもらうことで、質の高いスキルを確保できます。

また、卒業時に仕事を見つけてもらえる保証付きのスクールもあるため、フリーランスとしての活動にも役立つでしょう。もちろん、スクール受講には費用がかかりますが、卒業時には新しいスキルが身につくこと間違いありません。

学歴がなくてもフリーランスエンジニアになる場合のステップ

学歴がなくてもフリーランスエンジニアになる場合、以下のステップを踏むのがおすすめです。

プログラミングを学習して正社員になる

未経験からいきなりフリーランスになると高単価の案件を受注することが難しく、十分な実務経験を積めません。そのため、プログラミング学習で知識を身につけた後、正社員になるのがおすすめです。

仕事で経験を積む

正社員として就職できたら、仕事で実務経験を積みましょう。その際に、仕事を経験しながら、3年ほど経験を積むことがおすすめです。

3年ほどの経験があれば、フリーランスになった後も実務経験の制限を受けることなく案件を受注しやすくなります。

フリーランスエンジニアになる

ある程度の実務経験が積めたら、フリーランスとして活動をスタートします。ただし、フリーランスになりたての頃は収入が安定せず、場合によっては会社員時代よりも月収が下がる恐れもあります。

そのため、フリーランスになる前に資金を貯めてからフリーランスになるのがおすすめです。

フリーランスエンジニアとして案件を獲得するならアットエンジニアがおすすめ

フリーランスエンジニアとして案件を獲得しやすくするなら、アットエンジニアを利用するのがおすすめです。ここでは、おすすめの理由を3つ紹介します。

多数の高額案件を選べる

最も大きなメリットは、多数の高額案件を選べることです。中には1件あたり100万円を超えるものもあり、フリーランスの年収を上げることにもつながるでしょう。

もちろん、実務経験は必要ですが、ある程度の実績が身についていれば高額案件にも挑戦できる点がアットエンジニアの特徴です。

即日払いに対応しておりキャッシュフローも安心

アットエンジニアを利用する場合、弊社が提供している「ソクモ」を利用可能です。前払いは当該月単価の50%まで、即日払いは前月稼働分を受け取れるため、急な出費にも対応しやすいでしょう。

アサインまでの圧倒的スピード感

アットエンジニアは、以下2ステップで案件に応募できます。

  • 応募ボタンをクリック
  • エントリーを送信

そのため、自分に合った案件にスピーディーに応募できます。また、言語別、エリア別に案件を探せることも特徴です。

まとめ

本記事では、フリーランスエンジニアに学歴が必要かどうかという観点について紹介するとともに、学歴なしのフリーランスエンジニアが身につけるべきスキルや、活動内容などについて紹介しました。フリーランスにとって学歴は必要ありません。しかし、高い技術力や実務経験・実績などが求められます。本記事の内容も参考に、必要なスキルを身につけましょう。

また、フリーランスエンジニアとして活動する場合「アットエンジニア」を利用すると、案件を獲得しやすくなります。まずはアカウント登録から進めてみてください。

 

無料登録はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる