MENU

フリーランスエンジニアの時給相場はどのくらい?目指すべき単価と必要なスキルを紹介!

フリーランスエンジニアは現在の働き方におけるスタンダードとなってきました。しかし、「フリーランスエンジニアの時給目安が知りたい」「フリーランスエンジニアの報酬って低いの?」など収入に関する疑問が多く寄せられているのも事実です。

本記事では、フリーランスエンジニアの時給単価目安や、時給を上げるのに必要なスキル、ポイントなどを紹介します。また、世間で時給5,000円を目指すべきと言われる理由についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

フリーランスエンジニアで時給5,000円は現実的?

フリーランスエンジニアでは時給5,000円を目指すべきと言われますが、果たしてそのようなことは可能なのでしょうか。結論として、フリーランスエンジニアで時給5,000円を稼ぐことは可能です。

もちろん、業務に関する専門性や営業スキルなど高い水準が求められますが、一度スキルを身につけてしまえば、継続的に獲得することはそこまで難しくありません。

勤務形態別エンジニアの時給単価

ここでは、勤務形態別でエンジニアの時給単価について紹介します。

参照:システムエンジニアの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)

https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6

正社員の場合

正社員でエンジニアを行う場合、平均時給は2,600円程度となることが多いです。

会社員の場合、基本的には給与所得となり、月収平均は42万円程度です。月間労働時間が160時間だと仮定すれば計算上、時給2,600円程度となります。

派遣社員の場合

派遣社員の場合は、正社員と比較して少し安くなります。派遣社員エンジニアの場合は、時給相場として2,000円程度に設定されることが多いでしょう。

とはいえ、地域によってエンジニアの平均時給は異なり、2,100円ほどの時給を獲得できる地域もあれば、1,600円程度の地域もあるようです。

アルバイトの場合

アルバイトの場合、基本的には1,100円程度で契約が交わされます。ただし、エンジニア案件において、アルバイトやパートスタイルでの募集はそこまで多くありません。

フリーランスの場合

フリーランスエンジニアの平均年収は630万円ほどと言われます。そのため、月給で52万円ほど、160時間の時給は3,100円程度になることが多いです。

ただし、SES契約・請負契約など契約のスタイルによって大きく異なるため、一概に平均相場を出しづらいのが現状です。

フリーランスエンジニアで時給を上げるために必要なスキル

フリーランスエンジニアとして時給を上げるには以下3つのスキルが必要です。

業務に関するスキル

最も重要なスキルは業務に関するスキルです。案件を受注できたとしても、クライアントに求められているスキル以下であれば、継続して稼げないからです。

そのため、業務に関するスキルを伸ばしていけるよう、毎日学習を怠らない姿勢が重要になります。

単価交渉スキル

フリーランスエンジニアとして仕事を行う場合、単価交渉は時給を上げる上で必要なプロセスです。クライアントは基本的に安い金額で案件を発注したいと考えているため、何もいわなければ単価が上がることは少ないためです。

スキルを身につけた上で、定期的に単価交渉を行い、報酬を上げていくことがフリーランスには求められるでしょう。

営業スキル

フリーランスとして仕事を獲得し続けるには、営業が必要です。フリーランスはどこかに所属しているわけではないため、経営悪化などの影響で真っ先に解雇されます。場合によっては、報告なしで来月からの仕事を発注してくれなくなるケースもあるでしょう。

そのため、定期的に営業を行い、安定的に仕事を確保できる営業スキルが重要になるのです。

フリーランスエンジニアで時給を上げるポイント

フリーランスエンジニアが時給を上げるには、どうすれば良いのでしょうか。ここでは、時給を上げるために必要な4つのポイントについて紹介します。

稼げる領域を狙って案件を受注する

フリーランスエンジニアが時給を上げる場合、稼げる領域を狙って案件を受注することが大切です。例えば、人気の言語であるPythonやJava、JavaScriptなどを学習することがおすすめです。

需要が高い領域であれば、案件の数が豊富に用意されていますし、5年,10年は生活するのに困らない収入を確保できると予想されます。プログラミング言語には流行があるため、その時代にあった言語の学習を行うことが求められるでしょう。

単価交渉は意識的に行う

前述した通り、フリーランスには単価交渉スキルが必要不可欠です。営業、業務に関するスキルを身に付けるとともに、定期的に単価交渉を行いましょう。

仕事にかける時間を無理やり短縮しない

時給を上げるために、仕事にかかる時間を短縮しようと考える方がいます。しかしその場合、案件にかける時間が少なくなり、クオリティ低下につながってしまうでしょう。

そのため、仕事にかける時間を無理やり短縮せず、クオリティ重視で案件を納品するよう心がけましょう。

エージェントを積極的に利用する

高単価の案件を獲得したいなら、エージェントを活用するのも1つの方法です。エージェントを活用すれば、営業を行うことなく大量の案件の中から自分のスキルに合った仕事を選べます。

本ブログを運営している弊社も「アットエンジニア」を運営しており、高単価の案件を受注しやすくなっているため、利用を検討してみてください。

フリーランスエンジニアが時給5,000円を目指すべきと言われる理由

フリーランスエンジニアは、時給5,000円を目指すべきだと言われます。とはいえ、そもそもなぜ時給5,000円を目指すべきなのでしょうか。ここでは理由を3つ紹介します。

時給5,000円なら十分に生活できるから

フリーランスエンジニアとして時給が5,000円あれば、よほどのことがない限り生活していけます。そのため、時給5,000円が良いと言われているのです。

ちなみに、時給5,000円で月間労働時間が160時間の場合、額面報酬で80万円稼ぐことができます。

社会保険や税金のことも考慮すべきだから

フリーランスの場合、社会保険や税金を自分で支払う必要があります。必要な経理作業も自分で行う必要がありますが、その際に給料は発生しません。

そのため、社会保険や税金の作業面を考えて少し高めの5,000円の時給を目指した方が良いのです。また、会社員と異なり、社会保険や税金の負担が100%自分だという点も高めの時給を目指した方がいい理由だといえます。

仕事が減った時のリスクを考慮すべきだから

フリーランスの場合、安定して仕事が入ってくるわけではありません。そのため、仕事がなくなってしまった時のリスクを考慮して時給5,000円ほどを目指すべきなのです。

時給が5,000円あれば、一時的に収入が下がってしまったとしても安心して生活を送れます。

フリーランスエンジニアとして案件を獲得するならアットエンジニアがおすすめ

フリーランスエンジニアで時給5,000円を目指すなら、アットエンジニアを利用するのがおすすめです。ここでは、おすすめする3つの理由を紹介します。

多数の高額案件を選べる

アットエンジニアには多数の高額案件が用意されています。例えば、1件あたり100万円を超える案件も用意されており、フリーランスの収入を大幅に上げられます。

仮に1ヶ月160時間で100万円だとすれば、時給は6,250円になるため、時給5,000円を大幅に超えます。

即日払いに対応しておりキャッシュフローも安心

アットエンジニアを利用する場合、弊社が提供している「ソクモ」が利用可能です。こちらを利用すれば、以下2つのメリットが得られます。

  • 稼働当月に報酬の50%を受け取れる
  • 報酬確定後は自由に報酬を受け取れる

フリーランスにおいてはキャッシュフローに関する悩みを持つことが多いでしょう。そういった悩みを解消できるのもアットエンジニアの特徴です。

アサインまでの圧倒的スピード感

アットエンジニアでは、以下の流れで案件を受注できます。

  • 案件をクリック
  • エントリーを送信する

簡単2ステップで案件に応募できるため、スピーディーに案件を獲得できるでしょう。

まとめ

本記事では、フリーランスエンジニアの時給単価目安や、時給を上げるのに必要なスキル、ポイントなどを紹介しました。フリーランスエンジニアは時給5,000円ほどを目指せば、安定して生活ができます。本記事の内容を参考にしながら、エンジニアとしての報酬を高めてみてください。

また、案件を素早く獲得したいのであれば、「アットエンジニア」を利用するのがおすすめです。フリーランスが案件を獲得しやすくなり、報酬をUPさせられるでしょう。まずはアカウント登録から進めてみてはいかがでしょうか。

 

無料登録はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる