MENU

フリーランスエンジニアは何歳まで働ける?年代別の案件獲得方法や長期的に重宝される人材になる方法!

自由な働き方を求めて、フリーランスエンジニアになる方は多いです。とはいえ、「何歳までにフリーランスになれば良いのか」「何歳まで働けるのか」など疑問を抱えている方は多いでしょう。

本記事では、フリーランスエンジニアが働ける年齢の限界や、年齢別の案件獲得方法、年齢制限があると言われている理由などを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

フリーランスエンジニアは何歳まで働ける?

そもそも、フリーランスエンジニアとして活動する場合、何歳まで働けるのでしょうか。

フリーランスエンジニアには年齢制限がない

フリーランスエンジニアは個人で事業を行なっており、どの組織にも所属していない点が特徴です。そのため、フリーランスに年齢制限はありません。つまり、仕事があるうちはいつまでも働けるということになります。

40代以上のフリーランスエンジニア人口も多い

35歳定年説などと言われがちなフリーランスエンジニアですが、実際のところ、40代以上で働いているフリーランスエンジニア人口は意外にも多いようです。

クラウドソーシングサービスを提供しているランサーズが2021年に実施した「フリーランス実態調査」によれば、20代からフリーランスになっている人も存在するものの、30代以降のフリーランスエンジニア人口が多いことが示されています。

また、専業でフリーランス活動をしている人の割合は、40代は25%、50代は30%というデータが出ているようです。つまり、20代でフリーランスになっている人も若干存在しているものの、実態としては40代のフリーランス人口が多いことがうかがえます。

参照:ランサーズ フリーランス実態調査 2021
https://www.lancers.co.jp/news/pr/21013/

年代別フリーランスエンジニアの案件獲得方法

ここでは、年代別にフリーランスエンジニアが案件を獲得する戦略についてみていきます。

20代はとにかく案件に挑戦する

20代でフリーランスエンジニアとして活動している場合、とにかく大量の案件を受注するのがおすすめです。若いうちは様々なスキルを吸収しやすいですし、体力もあるので、少しくらいハードワークになっても問題なく業務がこなせます。

そのため、30、40代で技術が開花することを願って、大量の案件に挑戦することが大切です。

30代はスキルと体力を活かして案件を受注する

30代では業務に関するスキルが必要で、即戦力として働ける人材が求められます。また、30代であればまだ体力も残っているはずなので、様々な案件を受注しやすいです。

エンジニアは「35歳定年説」と言われがちです。実際にはそれ以降も働くことが可能ですが、集中力のピークであることが多いため、業務に対する幅広い知識を身につけられるよう心がけましょう。

40代以降は案件の単価を高めることに尽力する

40代以降は、20〜30代と比べて、体力が落ちてしまいがちです。そのため、仕事量を減らしつつ収入をアップさせられるよう、単価の高い案件に応募することが大切です。

また、単価の高い仕事を受注するためには、質の高いスキルが必要となります。業界で何が求められているのかを理解し、ニーズにあったスキルを身につけるよう心がけましょう。

フリーランスエンジニアに年齢制限があると言われる理由

フリーランスには年齢制限がないという意見がある一方で、「年齢制限が存在する」という意見を持っているフリーランスも少なくありません。

ここでは、フリーランスエンジニアに年齢制限があると言われる理由を3つ紹介します。

体力に限界が来る

どんな人も、年齢とともに体力の限界がきてしまいます。特に、エンジニアの仕事は脳を使い、長時間パソコンの前に座っているため、体力が消耗してしまうこともあるでしょう。

例えば、コーディング作業など英単語や数字が羅列していく作業は、どうしても年齢を重ねていくごとにミスが発生し、生産性が落ちてしまいます。

そういった体力の低下からフリーランスとして活動することが難しくなるケースは多いです。

最新技術に追いつけなくなる

フリーランスとして生き残っていくためには、常に最新技術を追い求めていく必要があります。しかし、年齢とともに、最新技術に対する理解が乏しくなり、新たなシステムを組むのが難しくなってしまうケースは多いでしょう。

また、年齢とともに保守的な思考を身につけてしまう人も多く、物覚えが悪くなってしまうケースもあるのです。

まれに年齢制限が設けられている

一般的には、エンジニアの仕事に年齢制限が設けられていません。ところが、ベンチャー企業など、これから事業を成長させようと考えている会社の中には、30歳未満対象といった年齢制限が設けられていることもあります。

年齢制限が設けられている理由は、前述したような「新たな技術を身につけるのが難しい」や「体力が低下している」など。完全に偏見ですが、企業が生き残っていくための施策として、制限をかけざるを得ないという場合もあるようです。

そのため、どれだけ本人にやる気があってもプロジェクトに参加することが難しく、仕事が獲得できなくなる可能性もあるのです。

40・50代エンジニアが抱えがちな年齢による課題

次に、40〜50代のフリーランスエンジニアが抱えがちな年齢による課題について紹介します。

収入が安定せず家族を養うのが難しい

フリーランスとして働く場合、基本給が支給されません。仕事を継続的に受注しなければ、収入を増やすことが難しいでしょう。

そういった収入の不安定さから家族を養うのが難しく、悩みを抱えてしまう方もいらっしゃいます。

社会保障が手薄

日本国民は、社会保障に加入することが義務付けられています。これは、会社員でもフリーランスでも同じです。

会社員の場合、会社と従業員で社会保障を分担して支払うことになります。自身が支払う金額に加えて、会社の補助も入るため、全体的に積立額が大きくなります。その結果、年金として支給される金額も大きくなるでしょう。

一方で、フリーランスの場合は全額自己負担となります。また、会社が半分を補助してくれないため、積立額が少なくなります。その結果、老後にもらえる給料が下がり、収入に不安を感じる可能性もあるのです。

健康面の不安が生じる

フリーランスが収入をあげるためには成果を出す必要があります。場合によっては、プレッシャーを感じてしまい、深夜まで作業を続けるケースがあるでしょう。

そういった作業を長期間続けていると、健康面で問題が発生します。また、症状が悪化してしまうと入院が必要で、その期間は無収入となってしまうため、注意が必要です。

年齢に関係なくフリーランスエンジニアが活躍する方法

ここまで、フリーランスエンジニアが年齢によって発生する問題について紹介しました。一方で、以下のことを意識すれば、年齢を問わずフリーランスとして活躍し続けられるでしょう。

  • 自分にしかない付加価値をつける
  • 講師のキャリアパスを目指す
  • エージェントを利用して案件を探す

それぞれ、詳しく解説します。

自分にしかない付加価値をつける

自分にしかない付加価値をつけることで、「この人に任せなければならない」という理由づけができます。その結果、仕事が集中し、高年齢であっても活躍し続けられるでしょう。

例えば、ITパスポートなどの国家資格を取得したり、チームプロジェクトにおける作業経験を積み、全体をまとめた能力を示したりするなど、付加価値の付け方は様々。また、円滑なコミュニケーションができるといった当たり前だと思われている能力も突き抜ければ、付加価値になります。

自分にしかない付加価値を考え、実行し、自分の魅力を伝えていくことが大切です。

講師のキャリアパスを目指す

エンジニアとしてのキャリアパスを考え、講師を目指すのも1つの方法です。講師であれば、年齢制限が設けられていることは少なく、高年齢でも仕事ができます。

また、作業量が圧倒的に少なくなるため、集中力を長期間持続させる必要もありません。これまでに蓄えた豊富な知識を活用して若手エンジニアを育てるというのもエンジニアの立派な仕事ではないでしょうか。

エージェントを利用して案件を探す

フリーランスエンジニアとして営業をかける場合、能力は高いにもかかわらず、年齢によって受注が難しいケースも多いです。

しかし、エンジニア向けのエージェントを活用すれば、年齢制限にかからない案件を検索しやすくなります。営業の工数も削減できるため、効率よく仕事を探せる可能性が高まります。

本ブログを運営している弊社でもエンジニア向けのサービス「アットエンジニア」を提供しているため、ぜひ利用を検討してみてください。以下でアットエンジニアの魅力について詳しく紹介します。

フリーランスエンジニアとして案件を獲得するならアットエンジニアがおすすめ

フリーランスエンジニアは、年齢によって案件受注が難しくなります。そのような場合、エンジニア向けエージェントを活用することで問題が解消するケースもあるでしょう。ここでは、弊社が運営しているアットエンジニアのメリットを3つ紹介します。

多数の高額案件を選べる

アットエンジニアには大量の高額案件が存在しているため、自分のスキルにあった案件を探すことができます。具体的には、1案件当たり50万円〜100万円ほどのものもあり、収入アップにもつながります。

また、案件にはフィルタをかけて検索できるため、より効率的に案件を探しやすいです。

即日払いに対応しておりキャッシュフローも安心

アットエンジニアでは「ソクモ」が利用可能です。ソクモは、欲しい時に報酬が受け取れる「前払い・即日払いサービス」です。

前払いの場合、締日を待たず報酬の半額を受け取り可能。即日払いの場合は、締日後いつでも報酬を全額受け取れます。

前払いは毎月20日までの申請、即日払いはam11時までの申請で報酬を受け取れるため、キャッシュフローに困ることは少なくなるはずです。

勉強会を提供している

アットエンジニアでは、登録しているITエンジニアの方向けに、トレンド技術の勉強会や交流の場、情報交換の場を提供しています。

独立後に必要な知識を身につける機会を多数設けているため、フリーランス業務への理解を深める良い機会になるのではないでしょうか。また、エンジニア同士のコミュニケーションによって、フリーランスが感じやすい孤独感の解消にもつながります。

まとめ

本記事では、フリーランスエンジニアが働ける年齢の限界や、年齢別の案件獲得方法、年齢制限があると言われている理由などを紹介しました。フリーランスエンジニアは年齢制限があると言われがちですが、法律的な年齢制限がないのも事実です。つまり、やり方次第で年齢に縛られることなく長期的に働けます。本記事で紹介した「年齢に関係なくフリーランスエンジニアが活躍できる方法」なども参考に、早いうちにキャリアパスについて考えてみてはいかがでしょうか。

また、本記事で紹介した「アットエンジニア」を利用すれば、フリーランスが案件を受注しやすくなります。フィルタリング機能で年齢制限のない仕事を見つけることにも役立つはずです。まずはアカウント登録から進めてみてください。

 

無料登録はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる