「Ruby on Railsでなにができるの?」フリーエンジニアの最適Ruby on Railsおすすめ案件!

2018年12月2日

Pocket

プログラミングをかじったことがある人やプログラミングに興味を持っている方ならば、Ruby on Railsという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?Ruby on Railsは、開発スピードが速いという点、Rubyライブラリーが豊富である点から、近年人気が高まってきています。そこで今回は、Ruby on Railsを全く知らない人や名前は聞いたことがあるけどよく知らない方向けに、Ruby on Railsとはどのようなものなのか、Ruby on Railsで何ができるのか詳しく解説していきます。

目次

Ruby on Railsの概念を知るために、フレームワークを理解しよう

これからプログラミング言語を学ぼうと考えている人には知っておいて欲しいのですが、プログラミング言語を学んでいく過程で、フレームワークというワードには必ず出会います。Ruby on Railsはどのようなものなのか理解するためには、フレームワークの意味を理解する必要があるので、最初にフレームワークの解説をします。

フレームワークを和訳すると、枠組みや型という意味になります。IT用語でのフレームワークとは、開発を行う際に頻繁に必要とされる基礎的な機能をまとめて提供してくれるものです。そのため、フレームワークを利用すれば開発が効率的に行えるため、フレームワークは開発に欠かせないツールとなっています。

なぜ、ここでフレームワークについて取り上げたかというと、Ruby on RailsはRubyというプログラミング言語で作られたフレームワークだからです。

 

Rubyとは、どのようなプログラミング言語なのだろう?

ここからは、Rubyとはどのようなプログラミング言語なのかについて見ていきましょう。先ほど説明したように、Ruby on RailsはRubyのフレームワークです。そのため、Ruby on Railsで何ができるか知るためには、Rubyで何ができるか知る必要があるといえます。

Rubyの開発者は?

Rubyの開発者はなんと日本人です。開発者の方は、まつもとゆきひろさんという方で、英語圏ではMatzという愛称で知られています。Rubyは日本で開発されたプログラミング言語としては初めて国際規格に認定されたプログラミング言語なのです。

Rubyの名前の由来は?

Rubyの名前の由来は、宝石のルビーからきています。開発者のまつもとさんの同僚の誕生月が7月で、7月の誕生石がルビーであったことから、名前をルビーにしました。他に、宝石の名前が由来となっているプログラミング言語には、Perl(パール)があります。

Rubyが開発された歴史は?

Rubyの開発が始められたのは、今から25年前の1993年でした。まつもとさんが、Ruby開発を行う点で念頭に置いていたのは「プログラミングを楽しむこと」でした。Rubyの特徴は型のない変数やシンプルな表現方法を採用した美しい作りです。そのため、Rubyは初心者にとってなじみ深く、初心者が楽しみながらプログラミングを学べる言語になっています。

Ruby on Railsの登場

2000年代に入ると、Rubyは世界中に広まっていきます。2004年には、デンマークのプログラマーであるデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン氏によって、Ruby on Railsが作成されました。Ruby on Railsによって、開発における展開、デバック、メンテナンスがシンプルになり、利用者が急激に増える事につながりました。

2004年以降、今日までアップデートが行われており、現在2018年3月2日時点での最新バージョンは5.1.5です。

Rubyの特徴は?

RubyはC言語やJavaといった代表的なプログラミング言語と比較してどのような特徴があるのでしょうか。

Rubyの特徴は以下の5点です。

1.オブジェクト指向である

オブジェクト指向とは、あらゆるデータやメソッドを1つのオブジェクト(もの)としてまとめ、そのオブジェクト同士を組み合わせてプログラミングを行う方式のことです。オブジェクト指向であることで、わかりやすくプログラミングを表現でき、Rubyという言語のシンプルでわかりやすいという特徴につながっています。

2.インタプリタ方式である

インタプリタ方式は、コードを作成した直後から実行できるというメリットがあります。それによって、修正箇所がどこにあるのかすぐにわかるため開発スピードが速くなります。プログラムを作成した後、コンピューターがその内容を理解するためには、「変換」処理を行う必要があります。変換処理の方法は、インタプリタ方式とコンパイラ方式があり、Rubyはインタプリタ方式を採用しています。

3.汎用性が高い

Rubyは、バージョンアップが頻繁に行われており、多機能で汎用性の高い言語です。

4.構文の自由度が高い

構文の自由度が高く、プログラムの開発や修正をスムーズに行えます。

5.記述量が少なくて済む

Rubyはオブジェクト指向の言語であるため、オブジェクトをうまく組み合わせることで記述量を少なくすることができます。記述量が少なければ、見た目も美しくなりシンプルなプログラムになります。

Rubyはこのような特徴を持ったプログラミング言語です。

 

Rubyのメリット・デメリットについて

ここでは、プログラミング言語Rubyのメリット・デメリットを紹介します。メリット・デメリットを理解して、Rubyについての理解を深めましょう。

Rubyのメリット

Rubyのメリットとして3点紹介します。

1.初心者でも習得しやすい言語である

Rubyはコードがシンプルで非常にプログラムが書きやすく、初心者がプログラム処理とは何なのか理解するために適している言語だといえます。また、日本で開発された言語であるため、つまずいたとしてもその悩みを解決してくれる本や情報がたくさんあります。

2.コードを素早く書ける

同じプロジェクト指向の言語であるJavaと比較しても、コードがシンプルで処理速度も速いです。Rubyを採用している企業の多くがこれからスピード感を持って開発を行おうとしているスタートアップの企業です。なぜ、スタートアップの企業がRubyを取り入れているのかというと、コードを素早く書くことができるからです。

3.求人数が多いため、仕事を獲得しやすい

Rubyの案件のほとんどは、Ruby on Railsを使用したものになっています。Rubyを仕事に活かすためにも、Ruby on Railsは必須のツールだといえます。Rubyは数あるプログラミング言語の中でも求人数が多く単価が高い言語です。そのため、Rubyを習得することでフリーランスの方は特にですが、仕事を獲得するチャンスが増えます。

Rubyのデメリットについて

Rubyのデメリットとして挙げておきたいのが、構文の自由度が高いことによって、大人数での開発に向いていない点です。自由度が高いことが原因で統一性がなくなり、かえって開発に時間がかかってしまう事も考えられます。

 

Rubyのまとめ

ここまでプログラミング言語Rubyについて解説を行ってきました。Rubyは日本で開発され、現在では海外でも広く使われている言語です。また、仕事の案件数や求人数も多く、Rubyエンジニアは今後ますます人気が出る事が予想できます。

そして、Rubyを学んでおきたい一番の理由がRuby on Railsを使えるということです。後程紹介しますが、現在広まっているWebサービスでRuby on Railsを使って開発されているものは多くあります。Ruby on Railsを使いこなすためにも、Rubyはぜひ学んでおきたい言語だといえます。

 

Ruby on Railsについての理解を深めよう

ここからはいよいよ本題であるRuby on Railsについて解説していきます。何度も書いているように、Ruby on Railsはいま最も勢いのあるフレームワークです。一緒にRuby on Railsについての理解を深めていきましょう。

 

Ruby on Railsが開発されたのは?

Ruby on Railsが開発されたのは、Rubyが開発されてから11年後の2004年のことでした。

Rubyはフリーソフトであるため、自由に変更や改良を加える事ができます。そんなRubyをさらに使いやすい言語にするため、2004年デンマークのプログラマーであるデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン氏がRuby on Railsを発表しました。

Ruby on RailsはRubyのWeb開発を非常に簡単に開発できるように考慮して設計されたフレームワークであり、Rubyの人気を一気に上昇させるものとなりました。

ハンソン氏がRuby on Railsの開発を行ったきっかけは、彼が携わっていたプロジェクトでRubyが使用されていたことでした。その開発で使用したコードをリファクタリングし、一般化して作成し始めたのがRuby on Rails作成のきっかけでした。

 

Ruby on RailsでできているWebサービスには何がある?

Ruby on Railsで作成されているWebサービスは非常にたくさんあります。ここでは、その中でも代表的なものだけ取り上げてみたいと思います。

  • CookPad

CookPadはレシピ共有サイトとして有名ですね。

  • CrowdWorks

CrowdWorksはクラウドソーシングサービスの大手です。

  • freee

freeeはフリーランスや個人事業主に人気のクラウド会計ソフトです。

  • Airbub

Airbnbは通称エアビーと呼ばれる宿泊予約サービスです。

  • Hulu

Huluは動画視聴サイトで人気があるサービスですね。

  • Progate

Progateは初心者向けのプログラミング学習サイトです。

  • Wantedly

Wantedlyはエンジニアの求職、転職、人脈の構築に便利なサイトです。

  • Udemy

Udemyは世界最大のオンライン学習プラットフォームです。

  • 食べログ

大手グルメサイトの食べログもRuby on Railsで開発されています。

 

これらの現在人気のサービスはRuby on Railsで開発されています。こういったサイトの開発にRuby on Railsが使われていることからも、Ruby on Railsの人気の高さがうかがえますね。

 

Ruby on Railsの特徴は?

Ruby on RailsでWebアプリケーションの開発を行いたい方ならば、知っておきたいRuby on Railsの特徴が4点あります。ここではその4点について紹介します。

1.MVCアーキテクチャ

Ruby on Railsでは、MVCアーキテクチャという設計法に基づいて開発を行います。MVCのMはModel、VはView、CはControllerを指しています。

Modelとは、データベースとのやり取りを行うクラスのことです。

Viewとは、ページの見た目のことです。

Controllerとは、パソコン(ブラウザ)からのリクエストを受け取り、ModelやViewと連携しながら結果をブラウザに送る役割のことです。

Ruby on Railsでは、Model、View、Controllerに分けて開発を行うことで、効率が良く生産性の高い開発を可能にしています。

2.DRY(Don’t Repeat Yourself)

Ruby on Railsには、DRY、つまり繰り返しを避けよという原則があります。この原則に従って、Ruby on Railsではソースコードを繰り返し記述することをしません。

ソースコードの繰り返しを避ける目的は何なのでしょうか?その目的は2つあります。

① アプリケーションの仕様変更を容易にするため

ソースコードを繰り返し使用していると、アプリケーションの仕様変更の際に書き換え忘れが起こり、プログラムがうまく作動しないことがあります。

② 効率の良いアプリケーション開発を行うため

ソースコードを繰り返しを避けることで効率の良いアプリケーション開発が行えます。

 3.CoC(Convention over Configuration)

CoCとは、設定よりも規約を重視せよという意味です。

Ruby on Railsであらかじめ用意された規約に従ってアプリケーション開発を行う事で、ソースコードの記述が少なくなり、コードが見やすく美しい見た目になります。これは、アプリケーション開発を効率よく行う事にもつながります。

4.テストが自動でできる

従来のテストは、試験用のウェブサイトにアクセスし、そこでリンクをクリックしたり、フォームに入力したりといった手間がかかっていました。Ruby on Railsはその工程を自動化して行う事ができます。

Ruby on Railsを利用するうえで、上記の4つは理解しておく必要があるポイントです。

 

Ruby on Railsでできることは?

Ruby on Railsでできることはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、Ruby on Railsでできることとして3つ紹介します。

1.Webアプリケーション開発

Ruby on Railsの使用目的で一番多いのがWebアプリケーションの開発です。先ほど紹介したCookPadやCrowdWorksがその例です。Webアプリケーション開発は、Ruby on Rails以外でも行う事はできますが、Ruby on Railsを使う事で、圧倒的に開発スピードが速くなるため、スタートアップ企業を中心に多く使われているというのが現状です。

2.スマートフォン向けアプリ開発

スマートフォン向けのアプリケーション開発は、SwiftやJavaがメインコードです。Ruby on Railsは主に、データを管理する目的で使われています。現在公開されているアプリのほとんどがユーザーの情報を保存する機能を必要としています。それを実現するためには、サーバーでデータを管理するためのプログラムが必要になり、その役目をRuby on Railsが果たしています。

3.業務システムの開発

Ruby on Railsは開発速度が速く、社内システムの機能追加に柔軟な対応ができます。そのため、経理や売上管理、在庫管理などの業務システムを開発することにもRuby on Railsが使われています。

 

Ruby on Railsでできることは主にここで紹介した3点です。その中でも、Webアプリケーション開発に使われていることが多く、これからもその需要は高まっていくことが予想されています。

Ruby on Railsの学習方法

Ruby on Railsを扱う事ができるエンジニアの需要は高まっており、現在エンジニアは不足している状況です。そのため、Ruby on Railsの学習を行うタイミングとして今は絶好の機会です。ここでは、初心者の方向けにRuby on Railsの学習方法を紹介します。

ここで紹介するのはあくまでも1例であるため、これじゃなきゃだめというわけではありません。Ruby on Railsの学習を行いたいと考えている人は参考にしてみてください。

1.Ruby on Railsに関する初心者用の書籍を読んでみよう

Ruby on Rails学習の最初のステップとしておすすめしたいのが、Ruby on Railsに関する初心者向けの参考書を読むことです。知識が全くない状態でいきなりプログラムを書こうとしても書くことはできません。そのため、初心者用の参考書を使ってRuby on Railsの基礎知識を頭に入れていきましょう。

ここで注意したい点としては100%理解できるまでやる必要はないという事です。初心者用の参考書といってもすべてを理解するにはそれ相応の時間がかかります。プログラミングスキルは実際にプログラムを書く工程で成長します。参考書を読む一番の目的は、後からプログラムを書く工程の中で「見たことあるな」という感覚をつけることです。多少理解できないことがあっても大丈夫なので気負いすぎないようにしましょう。

2.真似をしてプログラムを書いてみよう

参考書である程度知識がついたら、実際に自分の手でプログラムを書いてみましょう。いきなり自分でプログラムを書くというのは難しいので、ここではチュートリアルを真似してプログラムを書いてください。最初は理解できない事が多いですが、自分の手で書いたプログラムが動く感覚をここでは養います。そのため、理解できない点があっても真似をしてプログラムを書きましょう。

3.知識を定着させよう

チュートリアルでプログラムをいくつか書いたらRuby on Railsに関する知識を定着させましょう。最初に使った参考書を読み返してみるのもいいですし、少し難易度を挙げたものを読んでみるのもいいでしょう。自分でプログラムを書いた後ではないよう理解度も変わってくるはずなので、ここでしっかりと知識を定着させましょう。

4.アプリケーションを開発してみよう

Ruby on Railsの知識を定着させたらここからは実際にアプリケーションの開発を行ってみましょう。はじめは難しいものではなく簡単なものが望ましいです。ここで重要なのは作る事の楽しさを実感することです。実際に開発してみると、いくつも壁にぶつかるでしょう。どんなに優秀なエンジニアでも最初はみなさんわからないことばかりです。もしわからないことがあれば、インターネットで検索してみるといいです。初心者がぶつかる壁の多くがインターネット上で解説されています。インターネット上をうまく利用して開発をすすめていきましょう。

5.エンジニアのイベントやインターンシップに参加してみよう

初心者エンジニアから脱却する最後のステップとしてオフラインのイベントに参加してみましょう。イベントにはたくさんのエンジニアが参加します。イベントによって学べることもありますが、なにより他のエンジニアと交流できるというのが一番大きいポイントです。困ったときに助けてくれるエンジニアの先輩や一緒に開発を行う仲間と出会う事で、エンジニアとしてのスキルはもっと上がるでしょう。

 

ここで紹介したRuby on Railsの学習方法はあくまで一例です。そのため、他のやり方で学習を行ってもいいでしょう。大切なのは毎日コツコツ学習を進めていくことです。中には難しいことやうまくいかないこともあるでしょうが、現在活躍している多くのエンジニアもこれを経験してエンジニアになっているのです。エンジニアになる近道はありません。毎日継続して学習を進めていくことが大切です。

 

Rubyエンジニアのお金の話

Ruby on Railsを用いてアプリケーションの開発を行う事ができるRubyエンジニアの需要は高くなっています。ここでは、そんなRubyエンジニアのお金にまつわる話をします。

 

Rubyエンジニアの単価はどれくらい?

Rubyエンジニアの単価はほかの言語と比較しても高めに設定されています。Ruby案件の単価は50万円から70万円のものが多いです。中には100万円を超える案件も存在します。Rubyと比較されることが多いPHPの単価相場が40万円から60万円であることからも、Ruby案件の単価の高さがわかります。

Ruby案件の単価が高い理由は3つ考えられます。

1.Rubyエンジニアの少ないから

PHPやJavaといった主要な言語に比べてRubyのエンジニア数は少ないです。そのため、Rubyエンジニアは貴重な存在だと考えられており単価が高くなっています。

2.生産性が高く開発工程が少ないから

プログラミング言語Rubyは生産性が高く開発工程も少ない言語です。そのため、開発チームの人数はほかの言語で開発する場合よりも少なく行えます。その結果、1人あたりに支払う事ができる金額も高くなるというわけです。

3.スキルの高さが必要

Rubyエンジニアに必須のスキルであるRuby on Railsを使いこなすためには、高度なスキルと深い知識が必要です。そのため、Rubyエンジニアにおいては経験が重要な要素になります。実務経験が豊かなベテランRubyエンジニアの場合は、月収60万円を超える事も珍しくありません。

Rubyエンジニアの年収は?

ここ数年確実に伸びています。2016年にはRubyエンジニアの平均年収が600万円を超えたというデータも発表されました。平均年収600万円というのは、Python、Perlに次ぐ高さです。上級のエンジニアになると年収1000万円を超える事もあります。

平均年収があがっていることからも、Rubyエンジニアの需要が高まっていることがうかがえます。ハイクオリティーなWebアプリケーション開発には、高度なスキルを持ったRubyエンジニアが必須だといっていもいいでしょう。

平均年収があがっている理由としては、Webアプリケーションの開発案件が増えていること、そしてRuby on Railsというフレームワークの登場が考えられます。

 

Rubyフリーランスエンジニアとして高単価案件を受けるために必要なスキルは?

Rubyエンジニアとしての働き方は、フリーランスエンジニアとして働くパターンと企業エンジニアとして働くパターンがあります。

ここでは、フリーランスエンジニアが高単価案件を受けるために必要なスキルや経験を4つ紹介します。

1.システム設計のスキル

まず1つめにシステム設計のスキルです。Ruby案件の中には、コンテンツの課金、決算処理といったものもありますが、そういったものの単価はそれほど高くありません。高単価案件を受けるためには、セキュリティの高いシステム設計ができるスキルを身に着ける事が重要です。

2.ネットワークインフラの基礎知識

Ruby高単価案件の中には、オンラインゲームの開発があります。オンラインゲームの開発にはネットワークインフラの基礎知識が必要です。その他にも、データベース設計経験、ゲーム企画の経験があればなお良いでしょう。

3.アルゴリズム実装経験

ビッグデータの表示アプリ開発も高単価案件になります。そのため、アルゴリズム実装経験やクラス設計経験があれば高単価案件を受ける可能性が高まるでしょう。

4.ベンチャー企業での経験

Rubyでの開発に積極的な企業はベンチャー企業です。ベンチャー企業は、とにかくスピードを重要視するためにRubyが人気です。ベンチャー企業に勤めるなどといった経験があれば、より案件を受けやすいといえるでしょう。

 

まとめ

・Ruby on Railsはプログラミング言語Rudyで使えるフレームワーク

・ベンチャー企業を中心にニーズが高まっている

・アプリケーションの開発はRuby on Railsの得意分野

・Rubyエンジニアは高単価案件が多くあり、ニーズも高まっている

 

Ruby on Railsを使えるRubyの将来性は高く、今後ますますニーズが高まる事が予測されています。

エンジニアとしてどんな言語を勉強したいか迷っているという方は、Rudyは選択肢の1つに入れる事をおすすめします。

Ruby on Railsのおススメ案件

Pocket