PHPでなにができるの?フリーエンジニアの最適PHPおすすめ案件!

Pocket

日本でもここ数年、仮想通貨やフィンテックの過熱ぶり、IOTやネットメディア、ソーシャルサービスといった様々な技術革新や新たなサービスの提供を行う必要性などから、webサービスの要ともいえるPHP案件は増加傾向にあります。そして最近ではエンジニアが、フリーランスエンジニアへと転向して働くという事例も珍しくなくなってきていて、働き方にも変化が起こっています。

これからPHP言語を習得したい、PHPエンジニアとして働きたい、PHPの案件にどのような特徴があるのか分からない、このような事で悩んでいる方に向けて、PHP言語の特徴やフレームワークの種類、そしてPHP案件の特徴や必須スキルについて解説します。

PHP言語とは

PHPとは、Hypertext Preprocessorの略語であり、主にwebの構築に特化しているサーバーサイドスクリプト言語です。つまりプログラミング言語の一種です。身近な所では、動的なサイト作成などを楽にできるということで活用されています。

因みに、動的なサイトというのは例えば、その時の日付によって日付の表示が変わる、ログインしているユーザーによって表示される名前が変わる、 DBの情報によってブログの記事が更新されるようなサイトのことで、反対に静的なサイトというのは、常に固定の情報しか出せないサイトの事です。

PHP案件は、1995年に開発された比較的古くから存在する言語です。近年では大規模なECサイトの開発やCMSなどにも活用されるなど大規模開発に使用される言語というイメージがありますが、元々は個人が開発するなど小規模な開発言語という認識でした。

PHP言語を習得するには

現在PHPに関係のない仕事に就いているのであれば、平日帰宅後や休日に勉強するということが一般的になります。勉強方法としては、書籍やネットによる学習、講習会に参加するといった方法が考えられます。もし、プログラミング言語について勉強していた経験があるのであれば、基本的な内容は書籍などで独学で学ぶという選択肢もあります。反対に、プログラミングそのものに触れてこなかったという方は、最初から講習会に行き、講師から直接学んだ方が理解しやすいです。

PHPのフレームワークとは

PHPのフレームワークにはいくつか種類があり、各フレームワークには特徴があります。そのプロジェクトの内容、体制、工数、メンバーのスキルなどを考慮して、最適なフレームワークを選択する必要があります。

メリット

  • フレームワークを使うメリットは、Webサービスを作る上での基本的な機能はフレームワーク側で実装されているため、エンジニアは、そのWebサービスの主要な機能の開発に集中することができます。
    また共通のフレームワークを使うことで統一したコードの流れとなるため、複数人で開発する場合はソースコードが煩雑になりづらいというメリットもあります。

デメリット

  • フレームワークという枠組みの上で開発することになるので、その枠組みから外れるようなカスタマイズを行う場合は、フレームワークを使うと、反対に開発工数が増えてしまうこともあります。

よくあるミスとしては、フレームワークを先に決め、開発を行ってしまうことです。
あくまでもプロジェクトが先で、その後にフレームワークの選定を行う必要があります。
ただし、現場のエンジニアの習熟度によってフレームワークの選定がされているのが現状です。

PHP案件の傾向や単価について

エンジニア向け求人サイトは多くありますが、PHP案件も数多くの案件数がありエンジニア側から見ると、どの案件が良いのか、その傾向や平均相場、自分の市場価値から見た案件の相場など色々と知っておくべきことがあります。更に、今後PHPエンジニアとしてPHP案件で稼いでいきたい、と考えている方にとってはPHP案件の市場についてよく知っておく必要がありますし、知っておくことで何を準備すればよいのかはっきりしてきます。

PHP案件の相場、単価、月の単価はいくら?

一般的に、フリーランスPHPエンジニアの月収は60万円~80万円といわれています。最も多いのが月60万円、他にも30万円や80万円クラスの案件があり、平均50万円ほどの差があります。しかし、PHP案件のほとんどが60万円前後の相場で一定であるという結果から、フリーランスのイメージのひとつである単価の変化が激しいとは違う現状といえます。

又、PHPエンジニアの中でもトップクラスの高度な技術力を保有していなければ稼ぐことは難しい、というイメージとも実際は少し違うようで、一般企業で働いているPHPエンジニアがフリーランスになろうと決意して、紹介サイト等で案件を探せば平均で月50万円~60万円程の収入を稼ぐことも難しくないといえます。

因みに、会社員としてPHPのエンジニアで働いている場合と、フリーランスエンジニアとしてPHP案件で稼いでいる人の収入は、平均で60万円ほどフリーランスエンジニアの方が稼いでるというデータもあります。ですが、フリーランスエンジニアへと独立を検討している方は、独立する前に自身の技術力と市場価値を見極めて、一度事前に収入計算をしてみることをおすすめします。

PHP案件で単価交渉をするためには

PHPエンジニアは常に一定の需要があり、個人のPHPスキルが一定の水準に保たれていれば、平均相場のPHP案件を獲得することも難しくはないでしょう。しかし、単価を上げたいと思っているのであれば、案件獲得からいきなり単価交渉に入るのはあまり良い方法とはいえません。

まずは、希望の単価で提示されているPHP案件があるか探し、その案件が自分のスキルで業務を完遂することができるか確認します。そうして、スキルが条件を満たしていればそのまま業務のすり合わせを行い、同じ場所で継続案件として作業をこなせるようにします。そうして、実績と信頼関係を少しずつ構築していく方が、リスクを少しでも減らすことができます。又、PHPスキル以外にも、他の言語や開発を行えるスキルを磨くことで、市場価値を高めることができ、企業側からの需要が増えます。そして、そこから案件の単価が上がる可能性も考えることができます。

PHP案件や企業の特徴

フリーランスエンジニアの中には、フルリモートで働きたいと考えている方もいるかもしれませんが、PHP案件にはほとんどフルリモートの案件はありませんが、一部の小規模開発であれば最近になって、フルリモートの案件も登場しているので、探してみる価値はあります。

又、多くの企業は関東に集中しているので、地方在住でPHPエンジニアを目指している方は、関東もしくは関東近郊に住みながら働くのがおすすめです。

最近では企業が提示しているPHP案件の多くがサーバーサイドエンジニア案件で、これらの実務経験があるPHPエンジニアは、比較的案件の応募がしやすいといえます。又、ゲームエンジニアも案件として需要のある内容なのでこちらも、実務経験があるPHPエンジニアは有利といえます。

PHP案件は、Java案件に次いで国内2位という状態で、主にweb関係の開発需要が増加傾向にあるため案件が豊富になっています。そして、国内のPHPエンジニアの数は約20万人とされています。一見するとエンジニアの数が多いのでフリーランスエンジニアになっても、PHP案件が来ないのではないかという心配もありますが、前述の通り現在はIT関係の発展スピードが速く、様々な企業がweb周りの開発やメンテナンスの発注を望んでいます。今後はCMSやプラグイン作成、メンテナンスといった案件が増加されていくことが予想され、PHP案件は今後も一定の需要が見込まれています。

PHP案件には週2日~3日常駐という案件もある

フルリモートによるPHP案件は、全体からすると少ないですが、常駐勤務の中には週3日前後という案件も存在します。フリーランスに転向したいという方の中には、自由という部分に憧れてフリーランスエンジニアになろうと考えていることも少なくありません。ですので、平日のうち1日~2日を自由に使いたい、もしくは別の仕事を入れたいという方は、最近増えてきたPHP案件の2日~3日常駐勤務の案件を探すようにすると良いでしょう。しかし、時間の自由を希望するということは、その代わり高度な技術力を要求されるということともいえます。なぜなら、フリーランスエンジニアというのは、自由である代わりに常に完成度の高い製品・納品物を提出しなければ、次回から仕事を頂くということが難しくなってしまいます。これからPHP案件で、稼ぎたいとお思いの方は時間以上に仕事への向上心を忘れないようにしなければいけません。

PHP案件の業務内容とは

PHPはwebシステム開発で使用される言語で、サーバーサイドスクリプト言語のひとつです。webページを動的に生成することができるという点が評価され多くの企業が、PHPを導入しています。

最近では動的サイトが主流となり、PHPを使用して作られたwebシステムが多数存在します。又、ソーシャルゲーム、更新頻度の高いwebサイト、ポータルサイト、ECサイトなどはPHP言語でシステム開発を行うことに適していると言われています。又、ここ数年ではワードプレスの需要が増加し、CMSを利用したwebサービスも人気です。ですので、CMSの多くをPHP言語で開発しているということは、PHP案件の需要が増えるということに繋がります。

PHP案件の多くは、サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、ゲームエンジニア、LAMP系エンジニア、ネイティブアプリエンジニアになります。最近ではこれらが市場の過半数以上を占めているので、これからPHPエンジニアとして独立する方は、自身の技術が市場の多くの案件に活用できるか確認することがが必要です。

PHPエンジニアはrubyも習得すると有利

PHP言語によって開発されたサービスは、実に様々なところにあります。ソーシャルメディアやゲーム、ポータルサイトや最近の企業HPはほとんどPHPで開発されています。そして、近年PHPの急速な需要に伴って企業側も人材の育成や確保に尽力した結果PHPの需要と供給バランスが整うようになってきました。この事が意味するのは、安定した時期に入っているといえるので、PHP案件が急速になくなるとか単価が低くなるということではありませんが、急激に高単価な案件が増加してくるという状況でもありません。従って、平均相場も安定してきているので、平均相場60万円という価格で最近は一定に推移しています。

その一方Rubyは年収で比較すると、PHPなどよりも高めな平均相場になります。この理由として、先ほどのPHPエンジニアと案件のバランスが安定していることに対して、Rubyは現在も需要が高めであることが結果として高単価な案件に繋がっているということです。ですので、もし今後他の言語による開発作業も行いたい、と考えているPHPエンジニアはRuby言語なども習得して、能力の幅を広げるようにするとよいです。

 

PHPのフリーランスエンジニアになるには

フリーランスというと、人それぞれイメージが違うと思います。

自由、スキルによって収入が大きく変わる、稼ぎやすそう、ストレスフリーといった実に色々な考え方や価値観があります。もし、これからフリーランスエンジニア、それもPHPエンジニアだった方がフリーランスとしてPHP案件を基に稼いでいきたいというのであれば、いくつか確認することがあります。

人脈を作る

フリーランスエンジニアというと、案件を受注した後はパソコンに向かって黙々と開発作業を行うというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、フリーランスだからこそ人脈や人間関係をおろそかにしてはいけないのです。会社員であれば、基本的にはエンジニアとして開発作業に集中するのが業務でしたが、フリーランスエンジニアになると営業なども自分で行わなければいけません。

PHPのフリーランスエンジニアとして案件を獲得するためには、自分を売り込むということも重要になります。継続して案件を獲得するために受け身では、企業から依頼が来る可能性は少ないです。しかし、知り合いや新しい人脈を伝って、企業側があなたのことを評価し始めれば、継続した案件が来るという可能性も勿論あります。フリーランスエンジニアに必要な要素のひとつは、色々な意味で人脈になります。

開発業務以外の事務作業なども覚える

PHP案件を探して応募、そして開発業務に携わることができて収入も入る。ここまでの一連の工程をクリアすると、あとは問題ないようにも感じます。しかし、フリーランスというのは生産工程だけ行えばよいものではありません。帳簿付け、領収書の保管、毎月の収入と支出のチェック、確定申告の準備と申告作業、安定して受注するための戦略を立てる、日々のスケジュールチェックといった様々な業務をこなす必要があります。勿論、これらを行うのは大変ではあります。しかし、その代わり自分で業務や予定を回しているという、実感ややりがいが湧いてきたり、得た収入は全て自分に入ります。

それぞれの特徴をよく理解した上でフリーランスとして、自分に向いているか考えることも必要です。

未経験者は応募できる案件が少ない

当たり前のようですが、フリーランスは自分のスキルがなければそもそも仕事を受注することが難しいです。特にプログラミング言語に関しては、1人で開発や運用業務を行うことができるまで、長期間必要です。又、企業側も依頼している案件内容には、経験者や1年以上の実務経験有といった条件を付けていることが多いです。未経験だと、仮に単価が30万円など安価な値段で案件を受注することができたとしても、一連の開発業務の流れなどを理解していないと、業務に支障が出てしまったり時間がかかったりと、結果的に収入を低くしてしまうということになりかねません。未経験からPHP案件に応募をする前に、企業に就職して業務の流れやスキルを磨くことが優先になります。

案件は1年以上経験者

前述のPHP言語に関する未経験の話と繋がりますが、PHP案件の多くは経験者希望であることは勿論、1年以上の実務経験などが求められます。勿論他にも必要なスキルが条件に出ることもありますが、基本的には企業側は実務経験があり、スムーズに業務が遂行出来る人材を求めているということになります。

スキルを磨く

経験者であっても、日頃からPHP言語や新しいwebサービスなどの技術情報を吸収することは大切です。IT業界は1年で様々な状況が変わります。少し分野は違いますが、仮想通貨などフィンテック技術は近年大きく成長している分野です。今の自分の技術が来年には、どのような需要になっているか分からないといっても過言ではありません。従ってフリーランスエンジニアも日々の勉強や情報収集は必須項目です。

未経験者である場合、今後フリーランスエンジニアとしてPHP案件で稼いでいきたいと考えているのであれば、まずは転職・就職が一般的な方法であり、なにより安定した収入を得ながらPHP言語や企業内の業務の流れなどを、日々の業務で見たり覚えることができるという点がメリットです。又、PHP言語の習得や業務をしてみて自分に合っているか確認もできますし、もしそのまま企業に勤めたいと思ったら勤務し続ければよく、フリーランスエンジニアになりたいと思えば独立できます。どちらにしてもPHPエンジニアとしてスキルやキャリアが身に付きます。

PHP言語以外も覚える

PHPエンジニアとして必要なスキルは、PHP言語を更に極めるだけではありません。PHP案件を見ると分かりますが、PHP開発の実務経験が何年以上という表記以外にもJavaや複数言語の経験、最近話題にもなっているディープラーニング等の機械学習の実装経験といった、様々な実務経験があるかどうかという条件が設定されています。フリーランスエンジニアとして今後仕事を進めていくには、アンテナを広くし、情報収集や新たな開発環境等の勉強や習得を行うことは勿論、自分自身が他の業務も覚えるという貪欲に向上心を持つということが、非常に重要となります。

フレームワーク技術を習得する

PHP案件を見ると、他の言語による実務経験や設計や上流工程の経験の有無について条件が設定されています。しかし、覚えた方が良いことは、自分が知らないフレームワークについて学習することも当てはまります。

PHPを用いたフレームワークの一例として、

Symfony

デバッグ関係の機能が豊富なので、開発や保守作業に優れたフレームワークとして評価されています。又、処理能力が良い為に作業効率化が進み、作業時間を短縮しやすいという特徴があります。

Zend Framework

機能の追加を行える為に、使用者に合わせたソフトにすることができます。又、元はシンプルな機能となっています。

WordPress

PHPエンジニアでない人も一度は聞いたことのあるソフトです。最近ではブログに良く使用されるようになりました。オープンソースなので、誰でも作成することができます。又、誰でも作成できるという面もあるが、拡張機能を使う時にPHP言語による改良を行う必要があるので、PHPエンジニアが取り組むにも丁度いいソフトです。

LAMP

LAMPはソフトウェアバンドルの総称で、国内でも多くのPHPがLAMP環境で運用されています。無料で使用できるので、こちらもphpエンジニアが気軽に手に入れて環境構築することができます。

CodeIgniter

webアプリケーションを作成することを目的として開発されました。

速度重視で軽量なため動作が早いことが特徴です。又、シンプルな構成により使いやすいことも挙げられます。

Laravel

比較的新しいフレームワークで、特に海外で人気なフレームワークの一つですが、最近は国内でも使用者が増加傾向です。

PHPの将来性

現在の運用されているwebサービスや、webアプリケーション、ソーシャルゲームやECサイトなどあらゆる場面でPHPは活用されています。なぜこれほどまでに活用されているのかというと、効率的で管理が容易であるところといわれています。又、需要と供給のバランスも良い安定した時期に入っているので、急激な衰退や単価の変化も置きにくい環境にあることから、今後もPHPによる様々なwebサービス等の一定の需要は続くと考えられます。そして、PHPの案件も一定の相場、需要が続くと考えられますが、PHPエンジニア側としては、上流工程の作業や他の言語を習得するといった付加価値を高めていく必要はあります。

まとめ

PHPについて案件やエンジニアについて解説してきました。PHPは1995年開発という比較的古い言語ではありますが、徐々に拡張されていき、現在ではECサイトやwebサービス、ソーシャルゲームなど幅広く開発に活用されています。又、現場の第一線で使用されている言語なので、数多くの人達が学習、習得している言語です。

PHPの案件は、現在も一定の需要があり相場も60万円と高めです。そして、継続的に案件の提示もされているので、PHPのフリーランスエンジニアとして働くことも可能です。これから、エンジニアとして働きたいと考えている方は、PHP言語の習得を目指してみてはいかかでしょうか。

PHPのおススメ案件!

Pocket

at engineerに登録すると3つのメリットがあります!

メリット1 業界のトレンド情報大公開
当社イベントやセミナー、勉強会を通じて 会員同士の情報交換や交流を深めることができます。また月1のランチ会では個別相談や現場状況を共有し改善に努めさせていただいてます。
メリット2 高単価&経験積める案件多数
エンド直案件や現場直案件が多く高単価またはご希望金額でのご紹介が可能です。もちろん、急成長中のベンチャー企業で開発スピードを経験したい方やスキルチェンジしたい方へのご紹介も可能です。
メリット3 超できる営業サポート
迅速対応をモットーとしたアイスタ営業チームが条件交渉から契約までワンストップでご支援します。まずはご希望をお聞かせください。

i-standard