Javaでなにができるの?フリーエンジニアの最適Javaおすすめ案件!

Pocket

「Javaでなにができるの?フリーエンジニアの最適Javaおすすめ案件!」

近年、プログラミングという言葉がよく聞かれるようになりました。現在のインターネット社会においてプログラミングは非常に重要なものであり、プログラミングを行うエンジニアも貴重な人材となっています。今回は、数あるプログラミング言語の中でも特に需要がある、Javaという言語について詳しく解説していきます。

■そもそもプログラミングって?

Javaの解説をしていく前に、プログラミングが全くわからない方向けににプログラミングとはどういったものかを解説します。

プログラミングという言葉は、プログラムを書くという行為を指しています。プログラムとは、私たち人間がコンピューターにやってもらいたいことの指示書みたいなもので、プログラムによって、コンピューターは指示された内容を理解し動きます。

プログラムは、プログラミング言語という言語で書かれています。コンピューターは人間の言語を理解できません。そのため、コンピューターの言語であるプログラミング言語によってプログラムは書かれます。現在プログラミング言語は200以上あると言われており、今回紹介するJavaはこの中の1つです。

■プログラミング言語Javaについて

Javaは多くの場所で使われているプログラミング言語であり、メジャーな言語の中の1つです。

Javaの歴史

Javaの開発が始まったのは1991年です。Javaの開発が始まったきっかけは家電製品でした。この当時、家電製品には現在のようにソフトウェアが入るようになっていました。この当時使われていたプログラミング言語C++は家電製品が進化すればプログラムを書き直す必要があり、家電製品の進化に合わせてプログラムを書きなおすのは困難になっていました。そこで、アメリカのサンマイクロシステムズという会社が新しいプログラミング言語の開発を始めました。その後、5年間の開発を行い1996年に初めてのJavaであるJava1.0が発表されました。2005年には、Javaの開発者が450万人をこえ、世界で最もポピュラーなプログラミング言語になりました。2014年には、Java8がリリースされ、時代のニーズに合わせたアップデートが今日まで行われています。

 

Javaの名前の由来は?

Javaの名前の由来には諸説ありますが、最も有力だとされているのが、開発メンバーが集まっていたコーヒーショップにあったコーヒーから取ったというものです。その理由としてJavaのクラスファイルの最初の4バイトは16進記数法で「0xCAFEBABE」となっていることが挙げられます。

Javaでどんなことができる?

プログラミング言語Javaではどのようなことができるのでしょうか。前述の通り、Javaは現在世界で最も使われているプログラミング言語の1つであり、様々な場所で活用されています。以下、それぞれどのような役割を担っているのか紹介します。

まず、Javaがどのようなプログラミング言語であるかというのを端的に表した言葉があるのでそれを紹介します。

「Write once, run anywhere」

これは、Javaが一度プログラムを書けば、場所に関係なく実行できるという意味です。プログラミング言語には、ハードウェアやOSなど、実行できる環境が限られているものが多くあります。そのような言語とは異なり、Javaはパソコンやスマートフォン、家電製品など関係なく実行できるように開発されています。これは、Javaの大きな特徴です。このようなことからもJavaの有用性がわかります。

 

  • AndroidアプリほとんどのAndroidアプリはJavaで開発されています。最近では、Java以外の言語でも開発できるようになっていますが、依然としてAndroidアプリの開発はJavaが主流です。
  • 業務系システムセキュリティが重要視される業務系システムにおいてもJavaが人気です。楽天銀行や三菱東京UFJ銀行といった国内の大きな銀行もJavaで開発されたシステムを導入しています。また、顧客管理システムや営業支援システムもJavaで開発することができ、幅広いシーンで使われているということがわかります。
  • Webサービス世界的に有名なWebサービスであるTwitterやEvernoteはJavaで作られています。Twitterは元々、Rudyというプログラミング言語で書かれていましたが、大統領選挙で多くのツイートを処理する必要があったため、Javaに移行しました。Twitterの開発言語となったことでさらにJavaの価値が高まりました。
  • WebサイトホームページやブログといったWebサイトは、複数のプログラミング言語を組み合わせて作られています。この中で、Javaはバックエンドと呼ばれるプログラムで使われています。ネットショッピングの楽天市場や海外の大手ネットショッピングであるebayなどではJavaが使われています。
  • デスクトップアプリ無償のオフィス系ソフトであるOpenOfficeやWebブラウザのFirefoxの一部にもJavaが使われています。
  • 家電製品Javaが生み出されるきっかけとなった家電製品にはもちろんJavaが使われています。冷蔵庫や洗濯機、テレビなど多くの製品はJavaでプログラミングされています。他には、ブルーレイディスクプレイヤーやカーナビゲーションシステムなどでもJavaを使って開発が行われています。

 

Javaでプログラミングを行うときに必要なソフトは何があるの?

Javaでプログラミングを行うときに有料の開発ソフトを購入する必要はありません。Javaの開発は、オラクル社がホームページで公開しているJava Development Kit (JDK)と呼ばれる開発ツールさえあれば行う事ができます。Javaの開発を行う際は、オラクル社のホームページからJDKをダウンロードしましょう。

 

また、必須というわけではないのですがあれば開発するときに便利だというものに総合開発環境(IDE)と呼ばれるものがあります。Javaの開発で代表的なIDEは“Eclipse”で、こちらも無料でダウンロードできます。Javaの開発のときには、先ほど紹介したJDKとともにダウンロードしましょう。

 

Javaは標準的なプログラミング言語

Javaは標準的なプログラミング言語です。そのため、初心者が最初に学習すべきプログラミング言語としてよく紹介されています。書店などのプログラミングコーナーには、初心者向けの参考書が数多く取り揃えてあります。さらに、Javaからそのほかのプログラミング言語につなげる参考書も数多く販売されています。

Javaは基礎が充実しているプログラミング言語だといえます。Javaを学習することで、以下の4点が習得できます。

  1. 最新のプログラミング言語で必須のプロジェクト指向
  2. 動的なWebページ
  3. Webアプリケーション
  4. データベース機能との連結

これだけで通常のアプリケーション開発だけでなく、Webアプリケーションの開発までできる知識がつきます。それ以外にも、プログラミングの基礎を学ぶことができるJavaは初心者がプログラミング言語を学ぶ最初の言語におすすめです。

 

Javaの難易度はどれくらい?

プログラミング言語Javaに関して、その歴史や名前の由来、どのようなものに使われているのか書いてきました。ここまでの内容で、大まかにJavaについて理解できたと思います。では、実際Javaの難易度はどれくらいなのでしょうか。

Javaの難易度はやや難しいと言えます。

PHPやPerlといった比較的習得しやすいプログラミング言語と比較すると、オブジェクト指向の理解や言語的な習得は難しいです。

ですが、その分リターンは大きく、Javaを使いこなす事ができるようになると、活躍するフィールドが増え、重要な人材になることができます。

Javaはインターネット上にも多くの学習材料がありますし、学びやすい環境であるといえます。難しい言語ですが学ぶことのメリットは多いです。

 

■未経験からJavaエンジニアになるために

ここからは、未経験からJavaエンジニアになるためにはどのようなスキルが必要なのか、どのように学習していけばいいのかについて書いていきます。先ほど書いたように、Javaエンジニアはエンジニアの中でも貴重な人材だと考えられています。そのため、多少難しい部分もありますが、根気強く学習を続けていきましょう。

 

Javaの学習は書籍とネットコンテンツで十分

現在、Java関連の参考書は非常に多く発売されています。また、インターネット上には、Javaを学ぶためのコンテンツがたくさんあります。

これらを効率よく活用することで十分Javaエンジニアになることは可能です。もちろん、専門学校やプログラミングスクールなどで学習するのもいいですが、独学でも学ぶことができる言語だと覚えておいてください。

 

Javaは基礎がとても重要

プログラミングを行う上で重要なのは基礎です。基礎をおろそかにしてしまうと学習は進みません。

そのため、まずは基礎を徹底して学習しましょう。特にJavaは基礎が充実している言語です。そのため、Javaは基礎をしっかり学習することで、幅広いプログラミングに関する知識がつきます。その知識はJava以外のプログラミング言語にも応用することができるため、将来他の言語を学ぶ際にも役立ちます。

プログラミングを学ぶWebサービスを活用するか、初めてのJavaなど初心者向けの参考書で学習するのがおすすめです。

 

Javaの応用は実践で鍛える

基本を抑えたら後は実際にJavaのプログラミングコードを書いていきましょう。

勉強と同じですが、参考書を眺めていてもスキルは上がりません。プログラミングのスキルを上げるにはとにかくコードをたくさん書いていくことです。学習サイトを利用してコードを書く練習をしていきましょう。

また、Javaは汎用性が高い言語です。その為、他の言語の実践からもJavaの応用につなげることができます。

 

■エンジニアの働き方について

エンジニアを仕事にする場合、その働き方は大きく2つあります。1つは会社に属して仕事を行うこと、もう一つはフリーランスのエンジニアとして仕事を行う事です。どちらもメリット、デメリットがあるため一概にどちらかがいいとは言えません。そのため、自分のスタイルに合わせて選ぶといいでしょう。

会社に属して働く

会社に属してエンジニア活動を行うメリットをまとめてみましょう。

  1. 教育環境が整っておりエンジニアとしてのスキルアップが期待できる
    会社の方針によりますが、エンジニアとしてスキルアップを支援してくれる会社は多くあります。スキルアップの為に勉強会を開いてくれたり、ベンダー資格や国家試験の研修・受験料の支援をしてくれたりともうワンランク上のエンジニアになる支援を行ってもらえるという大きなメリットがあります。
  2. 仕事で困った場合相談できる相手がいる
    エンジニアの仕事では壁にぶち当たる事が多くあります。エンジニアといっても様々なタイプがあり、社内にはそれぞれ得意分野を持っているエンジニアがいることでしょう。自分の仕事で躓いたとき、アドバイスをもらえることがあるかもしれません。また、経験豊かな先輩エンジニアのサポートを受けられることもあるでしょう。問題が起きた時のサポート体制が整っているという点も会社に属するメリットだと言えます。
  3. 安定した収入を受けられる
    仕事をするうえで安定性を一番重要視しているという方も少なくないのではないでしょうか。フリーランスのエンジニアで一番困るのがスキルはあってもなかなか仕事を受けられないという事です。その場合安定した収入を受ける事は難しくなります。一方会社では、安定した収入は保証されているので余計な心配なく仕事に向かえます。
  4. お金周りの業務を会社に任せられるため、エンジニアとしての仕事に力を100%注ぐことができる
    フリーランスのエンジニアの場合は、エンジニアとしての仕事以外にも税金などお金関連の業務を自分で行う必要があります。時間もお金も本業であるエンジニアとしての仕事にそそぐことができるのは間違いなく会社に属した場合です。

 

フリーランスとして働く

  1. 仕事の時間を自分で決める事ができる
    フリーランスは会社のように何時から何時まで仕事しなさいという決まりはありません。そのため、自分のライフスタイルに合った仕事時間を自分自身で決める事ができます。その分、自分自身をコントロールする力が必要になります。
  2. やりたい仕事を選ぶことができる
    会社には会社の方針があります。そのため、すべての仕事が自分がやりたい仕事ではないでしょう。フリーランスの場合は、打ち合わせから契約まで自分で決める事になるため、自分がやりたくない仕事をわざわざ請け負う必要はなくなります。
  3. 高収入を得られる可能性がある
    会社員の場合はスキルによって多少は収入がアップすると思いますが限界があります。一方フリーランスの場合は自分のスキルや仕事量がそのまま収入に直結するため会社員よりも多くの収入を受けられる可能性があります。一方で収入が安定しないというデメリットも考えられます。
  4. 様々な分野でスキルが身につく
    会社に属している場合、税金や法律など会社経営に関する知識はつかないでしょう。しかし、フリーランスの場合はそこまで考える必要があるため、幅広い分野で多くの知識がつきます。それだけ大変なことでしょうが長い目で見ると自分のスキルアップにつながります。

■エンジニアの給料は?気になる仕事の単価

ここでは、エンジニアの単価・収入について書いていきます。エンジニアの単価は、一般的な会社員と比較しても高くなっています。エンジニアの生涯年収は一般的な会社員の3倍ともいわれており、貴重な人材であることがわかります。エンジニアの収入や単価は働き方やスキルによって変わるため、ここではあくまで目安の数字を紹介したいと思います。

  1. 派遣のエンジニア
    派遣エンジニアの場合の月単価相場はだいたい40万円から60万円です。スキルや仕事量によって変わってきますが、派遣の場合はこの範囲内と考えておいてください。給料は単価から40%ほど引いた金額になるため、月に24万円から36万円といったところでしょう。
  2. フリーランスのエンジニア
    フリーランスエンジニアの月単価相場は60万円前後です。フリーランスでやっていくという事である程度スキルの高い人たちになるため派遣のエンジニアよりも若干高くなります。また、マージンを搾取されることもないため単価がそのまま収入になります。派遣のエンジニアよりも多く稼ぐことができます。
  3. Javaエンジニア
    Javaは開発言語Javaを使って様々なシステムを開発するエンジニアの事です。Javaは汎用性の高いプログラミング言語です。そのためJavaエンジニアは需要が高くなっています。月単価は50万円から70万円ほどです。開発するシステムが高度なものであればこれよりも多く受け取る事ができます。Webサービスやスマートフォン向けのシステム開発は単価が高額になる傾向があります。
  4. システムエンジニア
    システムエンジニアの月単価相場は60万円から80万円です。これが案件のプロジェクトリーダークラスになる上級エンジニアになると、月単価相場は100万円から120万円になります。システムエンジニアはエンジニアの中でも上位のエンジニアに分類されるので、単価や収入も高くなっています。

 

エンジニアの単価を上げるためには

エンジニアの単価を上げるためにはどうしたらいいのか、いくつかポイントを挙げていきます。まず考える事は、スキルを身に着ける事です。様々な資格がありますが、資格を取るというよりも多くの案件を受注し、エンジニアとしての自分の価値を高める事を最優先にしましょう。実績のないうちは多少安価な案件であっても目をつぶって受ける事も重要です。エンジニアは実践の中で育ちます。より多くの案件を請け負い、エンジニアとしての幅を広げる事が単価アップの一番の近道でしょう。

また、派遣社員のエンジニアの場合は単価アップの交渉をしてみましょう。信頼を得ていれば単価アップにも応じてくれるはずです。スキルに自信があり収入に満足いっていない場合は、思い切ってフリーランスに転向してみるという手もあります。スキルが確かなエンジニアであれば、案件は多くあるため派遣として働くよりも多くの収入を期待できるでしょう。

■Javaエンジニアの将来性は?

Javaを習得しようと考えている人にとって、Javaエンジニアは将来性があるのかは気になるポイントだと思います。せっかく習得したのにJavaが使われなくなったということならば意味がありませんからね。そこで、ここではJavaエンジニアの将来性について触れておきたいと思います。

結論から書くと、Javaエンジニアの需要は現在増え続けており、日本ではJavaエンジニアの数が足りていないと言われています。そのため、現状海外からのアウトソースに頼っています。

Javaは、プログラミング言語の中でも古い方に分類されます。しかし、現在でも第一線で使われている言語であるというのは間違いありません。最新機器であってもJavaが使われていることは少なくないため、今後も第一線で活躍していくプログラミング言語だと思います。

また、今後はこれまでJavaエンジニアとして活躍してきた人がさらにスキルを要する上流工程にシフトしていくことが考えられます。そうなれば、その穴埋めを行う若いJavaエンジニアが必要になります。

さらに、昔Javaで設計した大規模なシステムはそのままJavaで改良する必要が出てきます。よって、過去の大きな資産であるJavaのシステムに対して、継続的に改良を行うJavaエンジニアが必要であるため、今後も継続してJavaエンジニアの需要は高いと思います。

以上の観点から、Javaエンジニアの将来性は非常に明るいといえます。

 

Javaエンジニアは今後どのような市場で求められるのか?

具体的に今後考えられるJavaエンジニアの活躍のフィールドについて書いていきます。今後Javaエンジニアが求められるフィールドは主に2つです。

  1. 中規模以上のシステム開発・拡張
    小規模のシステム構築ではPHPやRudyといった言語の方がより生産性の高いものになるため、Javaが使われることは少ないです。中規模以上のシステム構築にJavaが使われた最近の例としてはマイナンバー制度がありました。Javaは安定したアプリケーションプラットフォームを提供できるため、セキュリティが重要視されるシステムにも有用です。また、中規模以上のシステムの場合、ビジネスに合わせた拡張は必須です。一度Javaで開発されたシステムはJavaで拡張する必要があるため、中規模以上のシステムの拡張も今後予想されるJavaエンジニアのフィールドです。
  2. Androidスマートフォンアプリ開発
    日本では、iosユーザーの方がAndroidユーザーよりも若干多いですが、世界的見ればAndroidユーザーの方が圧倒的に多くなっています。案件の規模としては、大きいものから小さいものまで様々です。Androidアプリの開発を行う事ができるのはJavaエンジニアだけですから、当然今後この分野での活躍は期待されています。現状、最もホットなフィールドだと言えます。

■Java単独では活躍する開発現場は少ない?

Javaは汎用性を高くするために速度処理を犠牲にしているという側面があり、Java単独で開発が行われていることは少ないです。そのため、Javaのスキルを習得したからと言ってそれがそのまま仕事に直結しない場合もあります。しかし、Javaを学ぶメリットは多くあります。

  1. Javaには有名なその他のプログラミング言語で主要となる概念や機能が詰め込まれている
    Javaというプログラミング言語が常にプログラミングの新しい要素を取り入れて発展していく最先端の言語です。Javaを学習することは、将来Java以外の言語を学習することに大きく貢献することは間違いありません。
  2. Javaを学習していることで、他の言語での開発に行き詰ったときに解決の糸口になる
    長い目でみるとエンジニアにとってJavaを学んでおくことはとても大切です。
    Java単独では活躍する開発現場は少ないですが、Javaを学習しておくこともメリットは非常に大きいものがあります。

 

■Javaエンジニアの求人情報は?

最後にJavaエンジニアの求人情報について触れておきます。Javaエンジニアの求人はJavaという言語の汎用性の高さから幅広く求人があります。

  1. 業務システムの開発
  2. 企業用のソフトウェア開発
  3. Webアプリケーション開発
  4. Androidアプリ開発

その他のプログラミング言語と比較しても多くの求人数になっています。注意点として、Javaエンジニアの求人はこれだけ多いため、しっかりと見極める事が大切です。

  1. 開発環境はあっているのか
  2. フレームワークの記載はあるのか

などチェックして、自分に合った求人先を選ぶようにしましょう。

■まとめ

  1. Javaは汎用性が高く現在でも最先端で使われている
  2. Javaは初心者がプログラミングを学習するときに最適な言語である
  3. Javaは難易度は低くないが、それだけメリットがある
  4. 今後もJavaの価値は下がる事はない
  5. Javaエンジニアの求人も継続して行われる

今回はプログラミング言語Javaについて様々な視点から解説してきました。Javaは、古い言語ですが、その汎用性の高さから多くの人が学習しており、現在でも最先端で使われている開発言語です。Javaエンジニアはほかの言語のエンジニアと比較しても単価は高く求人も多くなっています。求人も多くあるため、フリーランスとして働く場合でも心配はないでしょう。エンジニアになりたいと考えている方で何の言語にしたらいいかわからないという方は、ぜひJavaを学習してみてください。

Javaのおススメ案件!

Pocket

at engineerに登録すると3つのメリットがあります!

メリット1 業界のトレンド情報大公開
当社イベントやセミナー、勉強会を通じて 会員同士の情報交換や交流を深めることができます。また月1のランチ会では個別相談や現場状況を共有し改善に努めさせていただいてます。
メリット2 高単価&経験積める案件多数
エンド直案件や現場直案件が多く高単価またはご希望金額でのご紹介が可能です。もちろん、急成長中のベンチャー企業で開発スピードを経験したい方やスキルチェンジしたい方へのご紹介も可能です。
メリット3 超できる営業サポート
迅速対応をモットーとしたアイスタ営業チームが条件交渉から契約までワンストップでご支援します。まずはご希望をお聞かせください。

i-standard