Oracleでなにができるの?フリーエンジニアの最適Oracleおススメ案件!

Pocket

Oracleでなにができるの?おススメ案件!

オラクル社(Oracle Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社があり、ビジネス用途に特化したソフトウェア会社です。

日本法人は日本オラクル社(東京都港区北青山)です。オラクル社は、データベース管理システム(DBMS)を中心とした企業向けソフトウェアの開発と販売を行っています。マイクロソフト社に次ぐ世界第2位の企業です。

オラクル社は、主力のデータベース管理ソフトウェア製品であるOracle Databaseとデータベース開発ツール・ERP(基幹系情報システム)・CRM(顧客関係管理システム)・SCM(供給連鎖管理システム)製品の開発・販売を行っています。

Oracle Databaseの認定資格としてオラクルマスターが有名です。

Oracleとは何か?」

「Oracle」は、「Oracle Database」リレーショナル・データベース管理システムです。

大企業の基幹業務システムなどで活用され、世界的に高いシェアを占めています。Oracle Databaseは世界初の商用RDBMS(Relational Data Base Management System)です。メインフレームからパーソナルコンピューターまで、幅広いプラットフォームをサポートしています。

オラクル社のOracle Databaseのデータベース管理システムは、サーバー上で動作します。

ネットワークでデータベースを共有して複数の利用者が同時に利用を出来るようになりました。データベース作成やデータ抽出の操作は、データベース操作言語「SQL」を使用します。

Oracleのフレームワークの種類」

「Oracle」のフレームワークは何でしょうか?第1に「Oracle ADF」です。「Oracle ADF」は、Oracle Application Development Frameworkの略称です。Javaベースのアプリケーションソフトウェア開発を効率的に簡素化した機能を実装しています。「Oracle ADF」は、簡単な設定で使用可能なインフラストラクチャサービス(高性能・高信頼なクラウドサービス)と視覚的なアプローチを提供しています。

第2に「Oracle MAF」です。「Oracle MAF」はOracle Mobile Application Frameworkの略称で、モバイル開発フレームワークです。

「Oracle MAF」は、Apple社のiOSとGoogle社のAndroidプラットフォームです。利用者が実際に運用環境で利用可能なモバイル・フレームワークです。

Oracleで出来ること」

「Oracle」データベースでは何が出来るのでしょうか?第1にデータベース管理システム(DBMS=Database Management System)です。データベース管理システムは、データの格納・編成・取得を制御するソフトウェアです。

第2にリレーショナル・データベース管理システム(RDBMS=Relational Data Base Management System)です。リレーショナルデータベースを扱うための技法です。リレーショナルデータベースのデータの2次元的広がりを効率的に扱う手法です。

Oracleが選ばれる理由」

「Oracle」データベースが選ばれる理由は何でしょうか?

①クラウドとオンプレミス(企業が情報機器を設置運用する事)の双方が使用可能な事です。オペレーティング・システム(OS)・コンピューター機器を選択せずに動作できるデータベースである事です。

②メインフレームからクラウドの時代まで不変のアーキテクチャー(設計思想)です。既存のIT資産・資源を有効活用出来る事です。

③業界標準の技術と多様なデータ形式に対応しています。世界に数百種類あるプログラム開発言語をサポートするデータベースである事です。

④アメリカ合衆国中央情報局(CIA)のプロジェクトから誕生した信頼性と機密性です。オラクル社が長年に重要視しているデータに対する信頼性と機密性(セキュリティー)です。

⑤イノベーションへの飽くなき追求です。常時に新しいイノベーション(創造性)を投入し続けています。

⑥機械学習(ML)やビッグデータ分析の機能を内包している事です。ビッグデータ分析の専用システムのニーズは高位です。

⑦煩わしい運用管理の解放です。システム運用管理に優れた機能を提供して、効率化と経費削減に貢献しています。

Oracleの代表的なサービス」

「Oracle」データベースを活用した代表的なサービスは何でしょうか?

第1に大手電機メーカーの日本電気㈱(NEC)がマーケティング戦略業務に導入しました。マーケティング・オートメーションシステムの導入により、多面的なコンテンツ(情報の内容)・マーケティングシステムを強化しました。高速処理でマーケター(戦略立案者)が戦略的業務に注力可能な環境を構築しました。グローバル展開で販路発展を目指しています。

第2に大手信用調査会社の㈱東京商工リサーチがマーケティング・オートメーションシステムを導入しました。「Oracle Marketing Cloud」導入後、eメール開封率が20%を超えました。導入以前の11%から倍増しました。その結果、商談・契約化する案件が増加しました。

Oracleのエンジニアになるには?」

「Oracle」の技術者になる方法はどのようにしたら良いのでしょうか? 第1に有料講習会に参加して技術を習得する事です。

初級者~上級者クラスまで多くの講習会が開催されています。初級者クラスは3日間の講義と演習で22万円弱、上級者クラスは5日間の講義と演習で36万円弱と高額です。

第2に無料講習会に参加して技術を習得する事です。平日の午後13:00~18:00に実施されています。演習は出来ないので、復習を繰り返して技術を磨く事が大切です。

第3に自己学習書籍を講習して技術を学び、演習を繰り返す事です。OracleのDBMS機能を自己学習で習得する事は厳しいと言われています。

Oracleの報酬/年収」

「Oracle」データベース技術者の年収は580万円~1,200万円です。上級のDBMS技術者は高額な報酬を得る事が可能です。

また、フリーランスで活躍している技術者は月収100万円前後の報酬を得るケースが多くあります。年収換算すると1,200万円の報酬を得ています。Oracle DBMSはオラクルマスター認定資格があり、資格を有する技術者は更に高位な報酬を得ると言われています。

Oracleの将来性」

「Oracle」データベース技術者の将来性はどうでしょうか?現在、企業は規模に関わらず、国内市場が競争相手ではありません。

グローバルを見据え、迅速なサイクルでビジネスを先行着手して展開する時代です。

オンプレミス(企業が情報機器を設置運用する事)のデータベースに限らず、多様なアプリケーション・基盤をクラウドからワンストップで提供可能なOracle DBMSのニーズは非常に高位です。

「まとめ」

人工知能(AI)、ディープラーニング(深層学習)、IoT(物をインターネット接続して制御する技術)が進歩しています。情報機器の多用さ求められるなかで、データベース管理システムの力量が不可欠です。ビックデータを活用してビジネスを展開するために必要な手段がデータベース管理システムによる集計・分析・予測機能です。Oracle DBMSは最適な技法である事に間違いありません。

Oracleのおススメ案件

Pocket

at engineerに登録すると3つのメリットがあります!

メリット1 業界のトレンド情報大公開
当社イベントやセミナー、勉強会を通じて 会員同士の情報交換や交流を深めることができます。また月1のランチ会では個別相談や現場状況を共有し改善に努めさせていただいてます。
メリット2 高単価&経験積める案件多数
エンド直案件や現場直案件が多く高単価またはご希望金額でのご紹介が可能です。もちろん、急成長中のベンチャー企業で開発スピードを経験したい方やスキルチェンジしたい方へのご紹介も可能です。
メリット3 超できる営業サポート
迅速対応をモットーとしたアイスタ営業チームが条件交渉から契約までワンストップでご支援します。まずはご希望をお聞かせください。

i-standard