Amazon Web Serviceができるの?フリーエンジニアの最適Amazon Web Serviceおススメ案件!

Pocket

Amazon Web Serviceができるの?おススメ案件!

「Amazon Web Services」(アマゾン・ウェブ・サービス=AWS)とは、Amazon.comにより提供されているクラウドコンピューティングサービス(Webサービス)です。以降、AWSと記載します。AWSは全世界の中で11の地域に提供されています。

本来は課金されるWebサービスですが、導入後1年間は無料でトライアル運用が可能です。AWSサービスを導入した際の検証やテスト環境を構築に効果を発揮しています。導入後のマニュアルが充実しており、利用形態にあったマニュアルが完備されています。

Amazon Web Serviceとは何か?」

「Amazon Web Service(AWS」は、クラウドコンピューティングサービス(インターネットや専用ネットワークを利用して、オン・デマンド型(利用者の要求に応答したサービスを提供する仕組み)の従量制(利用量・利用時間に応じた料金体系)の支払い形式を用いたIT(情報技術)をサービスする仕組み)です。

AWSが提供するWebサービスは、「仮想サーバー(実際に存在しないサーバーをソフトウェア上で存在させて利用する仕組み)」「コンテンツ配信(音楽・映画・書籍のマルチメディアコンテンツやアプリケーションソフトウェアを配信するサービス)」「オンラインストレージ(インターネット上でデータが保管する機能≒オンラインバックアップ)」「データベース」が用意されています。AWSサービスは50種類700の業務が備わっています。AWSサービスは、「史上最強のクラウドコンピューティングサービス」と称して過言ではありません。

Amazon Web Serviceのフレームワークの種類」

「Amazon Web Service(AWS)」のフレームワークは何でしょうか?

第1に「AWS Well Architected」フレームワークです。「AWS Well- Architected Framework」は、クラウドアーキテクト(インターネット構築)がアプリケーションソフトウェア向けに実装可能な、最高位な安全かつ高パフォーマンス、障害耐性を備えています。効率的なインフラストラクチャーを構築するのをサポートする目的で開発されました。

第2に「AWS Cloud Adoption」フレームワークです。「AWS Cloud Adoption Framework」は、組織が効率的・効果的なクラウド導入計画を作成する枠組みを提供しています。フレームワーク内に組み込まれたガイダンス・ベストプラクティス(最も効率の良い技法)は、ITライフサイクル全体で、組織全体にわたるクラウドコンピューティングへの包括的なアプローチを構築に効果的です。

Amazon Web Serviceで出来ること」

「Amazon Web Service(AWS)」では何が出来るのでしょうか?

拡張性ある低コストのインフラストラクチャープラットフォームで、企業・組織の迅速な活動とITコスト削減・アプリケーションソフトウェア拡張を実現しています。サーバーコンピューティング・ストレージ機能・データベース管理・分析ツールサービス・アプリケーション配信・デプロイサービス(システム提供・展開)・人工知能(AI)サービスを提供しています。

世界190ヵ国の数千万に至る利用者に普及しています。AWSはグローバルな大企業からベンチャー企業まで活用しています。多彩な企業活動をバックアップしています。

Amazon Web Serviceが選ばれる理由」

「Amazon Web Service(AWS)」が選ばれる理由は何でしょうか?AWSは高位な安全性のクラウドサービスプラットフォームです。業務規模と成長をサポートする処理能力・データベースストレージ(貴重なデータの保管庫)機能を提供しています。

世界の数千万の利用者が、AWSサービスの50種類700の業務を活用しています。AWSサービスは、史上最強のクラウドコンピューティングサービスとされて、大手IT企業やITベンダー企業が導入支援しています。

Amazon Web Serviceの代表的なサービス」

「Amazon Web Service(AWS)」の代表的なサービスは何でしょうか?

第1にメガバンクの三菱東京UFJ銀行です。三菱東京UFJ銀行はオープンイノベーションを目指すICT戦略のコアプラットフォームの一つとして、5系統の基幹業務をAWSに移行して本番稼動させ運用しています。

第2に全国紙の日本経済新聞社です。日本経済新聞社は、AWSクラウドを活用して、各企業が発表する決算データから編集者の手作業を介さずに人工知能(AI)による文書作成を実現させました。作成された文書は金融経済に特化した対話型サービス「日経 Deep Ocean」に公開されています。

第3に大手CVSチェーンのミニストップです。ミニストップは、全ての社内システムのインフラ基盤のクラウド化に向けてAWSを採用しました。インフラの運用コストは5年間で30% 削減できると見込んでいます。基幹業務の受発注・在庫管理の基幹システムをAWSに移行中で、2019年4月の本格稼働を目指しています。

Amazon Web Serviceのエンジニアになるには?」

「Amazon Web Service(AWS)」の技術者になる方法はどのようにしたら良いのでしょうか?

第1に有料講習会に参加して座学講習~実技演習を受講することです。①講習日数1日7万円強で受講可能です。②講習期間3日間のコースで23万円程度の受講料です。AWSを活用するため講習・演習を習得する事が出来ます。

第2に無料講習会に参加して技術を習得する事です。無料講習会はAmazon社が1日コースで開催しています。座学が主なので、自宅で繰り返して復習・演習する事が重要です。第3に自己学習書籍を購入して取得~演習する事です。繰り返し演習を実施して技術を磨きましょう。

Amazon Web Serviceの報酬/年収」

「Amazon Web Service(AWS)」技術者の平均年収は600万円~1,000万円程度です。前記の年収はIT企業の正規雇用・非正規雇用社員のケースです。1,000万円の給与を得るケースは管理監督職・プロマネが対象です。また、自身で企業と契約してフリーランスで就業しているケースは、月額100万円~120万円と高報酬です。年収では1,200万円~1,500万円超と高額です。AWSの内容を熟知している技術者が高額報酬を得ています。

Amazon Web Serviceの将来性」

「Amazon Web Service(AWS)」の将来性はどうでしょうか?

①安全性が最上位です。最も厳しい情報セキュリティー要件を満たす包括的なセキュリティー機能を有しています。

②管理準拠の充実化です。管理・監査業務が充実していて、広域なセキュリティー認定に対応します。

③ハイブリッド(異種の要素を混合させて組合せた技術)です。オンプレミス(情報機器の自社運用)のインフラストラクチャーをクラウドに拡張するハイブリッドITアーキテクチャーを構築します。AWSは企業の情報投資を低く抑える事が可能になるツールを提供します。

企業の需要が増加する事に伴い、技術者のニーズも上昇します。

「まとめ」

人工知能(AI)、ディープラーニング(深層学習)、IoT(物をインターネット接続して制御する技術)が進歩しています。

情報機器の多用さ求められるなかで、Webサービスのニーズは増加する一方と言えます。

1980年代後半のバブル景気を凌ぐ好景気の現在です。企業は情報投資に売上高の2%を充てると言われています。

情報機器の性能向上サイクルが短期間に至っている現状は、オンプレミスからAWSへの移行が進むと予想されます。

AWSのおススメ案件

Pocket

at engineerに登録すると3つのメリットがあります!

メリット1 業界のトレンド情報大公開
当社イベントやセミナー、勉強会を通じて 会員同士の情報交換や交流を深めることができます。また月1のランチ会では個別相談や現場状況を共有し改善に努めさせていただいてます。
メリット2 高単価&経験積める案件多数
エンド直案件や現場直案件が多く高単価またはご希望金額でのご紹介が可能です。もちろん、急成長中のベンチャー企業で開発スピードを経験したい方やスキルチェンジしたい方へのご紹介も可能です。
メリット3 超できる営業サポート
迅速対応をモットーとしたアイスタ営業チームが条件交渉から契約までワンストップでご支援します。まずはご希望をお聞かせください。

i-standard