COBOLでなにができるの?フリーエンジニアの最適COBOLおススメ案件!

Pocket

COBOLでなにができるの?おススメ案件!

「COBOL」(コボル)は、汎用プログラム開発言語の一種です。「COBOL」は、1959年に事務処理用に開発されたプログラミング言語で、60年の歴史があるプログラミング言語です。「COBOL」は「Common Business Oriented Language」(共通事務処理用言語)の略称です。「COBOL」は、科学技術計算用の「FORTRAN」に次いで国際的な標準化が実施された、初期のプログラミング言語です。

過去のバージョンと互換性を重視した国際標準規格に準じたプラットフォームでコンパイラ(翻訳機能)が開発されています。

「COBOL」から「COBOL」へのプラットフォーム更新は容易に実行可能です。「COBOL74」「COBOL85」「COBOL2002」と進化しています。現在のプラットフォームで「COBOL74」以前のオブジェクトは使用可能です。「COBOL」言語で構築されたシステムは、企業・政府機関で長年開発し続けられ稼働しています。全世界の基幹システムは80%以上言われ、開発者技術者は85万人以上活躍しています。誕生から60年経過しても主流言語で、他の言語を圧倒的にリードしています。

COBOLとは何か?」

「COBOL」は、汎用プログラム開発言語です。「COBOL」は、他のプログラミング言語と違い、英語に近い構文のプログラム言語です。プログラミング文法は標準化された英語をベースに作り易い・読み易い高水準である観点で出来ています。「COBOL」は「IDENTIFICATION DIVISION」(見出部)、「ENVIRONMENT DIVISION」(環境部)、「DATA DIVISION」(データ部)、「PROCEDURE DIVISION」(手続部)の4つのDIVISIONで構成されて順番に記述します。

「COBOL」は、1行に80文字(カラム)の記述可能です。実際にソースコードを記述できる領域が指定されています。例外もありますが、行の終端には必ずピリオド「.」で終結します。現在は構文の文法は英語ベースですが、項目名称は漢字が使用可能に進化しています。

COBOLのフレームワークの種類」

「COBOL」開発言語のフレームワークは何でしょうか?第1にマイクロソフト社のOSで稼動する事です。「Microsoft.NET Framework」をサポートすることにより、「COBOL」開発者がWebブラウザに対して直接プログラムを構築し、既存のコーディングを簡単に使用可能にしました。実稼動中のビジネス・アプリケーションで推定80%が「COBOL」で開発されています。この「COBOL」資源を処分して最新化するより、従来の資源を最新のフレームワークで稼動する事が実現出来ました。

第2に「Net COBOL」です。「Net COBOL」はオープン・フレームワーク上の「COBOL」開発環境です。「PowerCOBOL97」シリーズの後継製品で、国内最高の出荷実績を持っています。巨大に蓄積された業務システム「COBOL」資産と開発ノウハウを活用して、インターネットシステムを中心にした最適な開発環境で稼動可能になりました。

COBOLで出来ること」

「COBOL」で開発されたアプリケーションでは何が出来るのでしょうか?

①「数値計算に強い」事です。②「数字の桁数を多く持てるため、金額の計算に向いている=事務処理言語として最適」な事です。③「新規開発は少なくなりましたが、勘定系は現役です。」勘定系システムの改修は常時実施されています。④「大量データを一括して処理するバッチ処理に最適」な事です。⑤「文法や命令が多彩ですが、全てを熟知する必要が無く必要最低限な文法で構築可能」な事です。残念ながら「COBOL」技術者の中高年化が見受けられます。

COBOLが選ばれる理由」

「COBOL」言語が選ばれる理由は何でしょうか?①ビジネスロジックの記述力です。必要最低限な文法を習得すれば、コーディング・開発が可能です。②保守性・可読性の高さです。過去に開発された「COBOL」プログラムが今も保守されて業務で活躍しています。「COBOL」はプログラム文法が国際的に標準化しているので、可読性が容易に実現出来ます。③システム開発方法論としての安定性です。過去60年間に蓄積したシステム開発の方法論は、アプリケーションが「COBOL」言語でコーディングしている事を前提としています。基礎的・基本的に習得が容易な言語です。④高い実行性能です。「COBOL」でコーディングすると「C言語」でコーディングすると実行速度が遅いと噂されています。ビジネス分野は、実際に「COBOL」でコーディングして構築したケースが圧倒的に多いのです。

⑤「COBOL」プログラマーの高度な資質です。「COBOL」でのコーディング技術を有している事は情報処理の基本を習得している技術者です。「COBOL」言語開発者は、エンドユーザーと同じ言葉で対話可能な技術者なのです。⑥高い開発生産性です。「Java」言語は1行当たりに記述可能なロジックの量は「COBOL」の数倍に至ります。「COBOL」言語は1行の命令で複雑な演算命令の記述が可能で高位な生産性を維持しています。⑦将来性です。「COBOL」言語は国際規格に保証されている言語です。国際規格が最新のテクノロジーを反映して随時最新化されています。決して「過去の言語」「過去の遺産」ではありません。

COBOLの代表的なサービス」

「COBOL」で開発された代表的なサービスは何でしょうか?第1に総合商社の丸紅㈱です。「COBOL」をベースにオープンシステムに完全移行しました。既存のプログラム資産をCOBOL2002に更新しながらオープン化を実現しました。最新のオープンプラットフォーム上でシステムの継続的な機能向上が実現しました。

第2に化粧品・日用品メーカーの花王㈱です。メインフレーム上の「COBOL」プログラムをほぼそのままの形で「UNIX」に移行しました。今後ダウンサイジング(小規模化・小型化)に取り組む企業には短期間で移行した事例です。

COBOLのエンジニアになるには?」

「COBOL」の技術者になる方法はどのようにしたら良いのでしょうか?第1に有料講習会に参加して座学講習~実技演習を受講することです。初級者クラス~上級者クラスまで多岐に渡り開催しています。初級者クラスは1回2.5時間で8回の講習で6.5万円、上級者クラスは3日間8万円で受講可能です。第2に無料講習会に参加して技術を習得する事です。平日の午後(14:00~17:00)に開催しています。座学が主なので、自宅で繰り返して復習・演習する事が重要です。第3に自己学習書籍を購入して取得~演習する事です。繰り返し演習を実施して技術を磨きましょう。演習には実行整備に手間を要するケースがありますので、注意が必要です。

COBOLの報酬/年収」

「COBOL」開発言語技術者の平均月収は20万円~50万円程度です。前記の年収はIT企業の正規雇用・非正規雇用社員のケースです。また、自身で企業と契約してフリーランスで就業しているケースは、年収で500万円程度です。IT業界内では高報酬ではありません。

COBOLの将来性」

「COBOL」開発言語技術者の将来性はどうでしょうか?情報システムのライフサイクルは5年~10年です。「COBOL」言語は、国際規格に保証された開発言語です。国際規格が最新のテクノロジーを反映して随時最新化されています。決して「過去の言語」「過去の遺産」ではありません。国際規格が最新化されているので、技術者のニーズはあります。

「まとめ」

人工知能(AI)、ディープラーニング(深層学習)、IoT(物をインターネット接続して制御する技術)が進歩しています。情報機器の多用さ求められるなかで、開発言語も進化しています。「COBOL」は、安定性と信頼性が高位なプログラム言語です。

Webブラウザ系の開発言語は「Java」「C/C++」に移行しています。「COBOL」の新規開発案件は減少していますが、企業の勘定系基幹システムは「COBOL」で構築されています。基幹システムの改修・更新は「COBOL」から多言語への移行は厳しく、技術者のニーズは高位ですが、若年層は少なくベテランの技術者が多く、中高年化が見受けられます。

COBOLのおススメ案件

Pocket

at engineerに登録すると3つのメリットがあります!

メリット1 業界のトレンド情報大公開
当社イベントやセミナー、勉強会を通じて 会員同士の情報交換や交流を深めることができます。また月1のランチ会では個別相談や現場状況を共有し改善に努めさせていただいてます。
メリット2 高単価&経験積める案件多数
エンド直案件や現場直案件が多く高単価またはご希望金額でのご紹介が可能です。もちろん、急成長中のベンチャー企業で開発スピードを経験したい方やスキルチェンジしたい方へのご紹介も可能です。
メリット3 超できる営業サポート
迅速対応をモットーとしたアイスタ営業チームが条件交渉から契約までワンストップでご支援します。まずはご希望をお聞かせください。

i-standard