JavaScriptでなにができるの?フリーエンジニアの最適JavaScriptおススメ案件!

2018年11月30日

Pocket

「JavaScriptでなにができるの?おススメ案件!」

「JavaScript」(ジャバスクリプト)とは、プログラム言語の一種です。「JavaScript」は、「Java」と名称が類似していますが、全く異なるプログラミング言語です。一般的に、プロトタイプベースのオブジェクト指向(目的重視の指向)スクリプト言語(簡易的な言語記述技法)です。「JavaScript』は実行環境が主にWebブラウザに実装されています。動的なWebサイト構築や、高度なユーザインタフェースの開発に利用されています。2010年以降は、軽量で高速なサーバーサイド「JavaScript」実行環境やライブラリの充実により、Webサイト開発の全ての領域で活用されています。

「JavaScriptとは何か?」

「JavaScript」は、コンピューターのプログラム言語です。「JavaScript」は、多くの人は知らずに、「JavaScript」を1日に何10回も使用しています。のデスクトップのコンピューター・携帯電話・スマートフォン・タブレット端末・スマートテレビ・最新モデルの自動車に「JavaScript」が活用・埋め込み使用されています。私たちがWebサイト検索するコンピューター技術に囲まれた生活を支援しています。

「JavaScript」は、コンピューターのプログラミング言語で、クライアント側のWebブラウザと、WebサイトやWebサービス(Webサーバーシステム)の情報通信を、円滑に実行させるための機能です。実質的には、私たちクライアントがWebブラウジングで活用可能な操作の全ては、Webブラウザの中の「JavaScript」の言語で作成されています。Webサイトの外観・デザイン・使い心地から、「Netflix(アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社)」のWebサイトの情報表示に「JavaScript」が活用されて運用されています。

「JavaScriptのフレームワークの種類」

「JavaScript」言語のフレームワークは何でしょうか?多くのプロジェクトで利用される機会が多いフレームワークが、「AngularJS」「React.js」「Ember」のフロントエンド(クライアント側から見る最も前面にあるシステムWeb画 面の事を称する)で稼働するタイプです。これから「AngularJS」「React.js」「Ember」の説明をします。

第1に「AngularJS」です。「AngularJS」は、最近注目を集めているフロントエンドフレームワークです。最新リリースの「Angular2」大きな機能拡張を果たしました。Google社が先導して開発した、非常に信頼度の高位なフレームワークです。Webサイトのフォーム画面やユーザーのマイページの「B to B(企業間取引)」で活用する管理目的のアプリケーションソフトウェアの開発に最適です。MVC(モデル・ビュー・コントローラ)フレームワークに定義されています。

第2に「React.js」です。「React.js」はフレームワークでなく、UI(ユーザーインターフェイス)を構築するだけのライブラリの事です。MVCのV(ビュー=表示機能)を提供しています。該当システムの規模や目的を意識せずに活用可能です。最も特徴的であるのが仮想DOM(Document Object Model=HTML文書・XML文書を利用するツール)上で動作します。操作性は「JavaScript」と「HTML」が混在していると形容され、慣れないクライアントは困惑する可能性を含んでいます。

第3に「Ember.js」です。「Embet.js」は多様なアプリケーションソフトウェアを開発する機能が十分に備わるフレームワークです。「Ember.js』は学習コストは高額ですが、複雑なアプリケーションソフトウェアを開発する際に活用可能です。「Angular」と同様にMVCフレームワークとして定義されています。

「JavaScriptで出来ること」

「JavaScript」で開発されたアプリケーションでは何が出来るのでしょうか?

①HTMLの操作が可能です。

②DOM操作が可能です。「JavaScript」の得意分野です。「JavaScript」はクライアントサイドで動作する言語です。一度ブラウザに表示されたドキュメントを、動的への書き換えが実現出来ます。

③アニメーション機能が活用可能です。CSS(Webページの形式を指定するための言語)だけでは表現不可能な、複雑なアニメーションをWebサイトに加工する事が可能です。

④非同期通信が出来ます。非同期通信とはWebページを再読み込みせず、差分の更新する技術です。

⑤サーバーサイトで動作します。当初は「JavaScript」はクライアントで動く言語でした。近年は「Node.js」出現によりサーバーサイドで稼働する事が実現しました。

「JavaScriptが選ばれる理由」

「JavaScript」言語が選ばれる理由は何でしょうか?「JavaScript」言語を覚えて損はありません。「JavaScript」はWebサイトをインタラクティブ(対話型)にする言語で、多様な場所で使用出来る言語です。今後も大きく発展する言語と言われています。

選ばれる理由は、①クライアントサイドで開発可能である事、②サーバーサイドにも使える事、③デスクトップアプリケーションが作成可能である事、④スマートフォンアプリケーションソフトウェア開発が可能である事です。

「JavaScriptの代表的なサービス」

「JavaScript」で開発された代表的なサービスは何でしょうか?「JavaScript」はWebページを構成する全てのオブジェクトを操作出来ます。「JavaScript」が実行される代表的な環境は次の通りです。①クライアントが適切な形式でメールアドレスをフォームに入力したか否かを検査する機能があります。②「Google.com」のWebページをロードする際、テキストカーソルを検索ボックスに自動的に出現させます。③Webページ全体をリロードしなくても、一部のダウンロードが可能です。全体に数百メガバイトのデータ量全体の数%のデータ量のダウンロードが可能になります。

「JavaScriptのエンジニアになるには?」

「JavaScript」の技術者になる方法はどのようにしたら良いのでしょうか?第1に有料講習スクールに通い技術を習得可能です。1日10,800円のコースから15回で75,600円など多く開催されています。第2に無料講座が全国各地で開催されています。機会を狙って技術を習得して、自宅で復習しましょう。第3には自己学習書籍やCD-ROM教材を購入して技術を習得して、演習を繰り返してスキルアップする方法があります。

「JavaScriptの報酬/年収」

「JavaScript」言語技術者の平均年収は500万円前後程度と言われています。IT企業に就業しての報酬は、200万円~1,000万円のようです。しかし、フリーランスとして活躍している技術者は、1,000万円~1,500万円と高額な報酬を得ています。フリーランスは高額な報酬を得る対価として社会保険料や税金の納付を自身で実施する事が義務になります。

「JavaScriptの将来性」

「JavaScript」言語技術者は、Webサイトを作成するスキルなので新しい技術やサービスやイノベーションを取り込み、多くのメリットがあります。「JavaScript」は世界共通言語なので、世界中で就業可能です。「JavaScript」技術者は、生産性の高位さ保持し世界中に貢献可能なスキルです。今後も需要が増加すると予想されます。

「まとめ」

2019年の4月末に、今上天皇陛下がご退位され、翌5月に皇太子殿下が天皇陛下にご即位されます。30年間親しんだ「平成」の元号が新たな元号になります。2018年の夏頃には新元号が発表されます。今上天皇陛下ご退位の報道を受け、システム改修は必須案件になります。2019年の新元号への改訂、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催によるシステム改修の特需が到来します。

JavaScriptのおススメ案件!

Pocket